建売住宅にカラオケルームは付くか?

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第1回

建売住宅にカラオケルームは付くか?


「ソフト屋がパンフレット持って、『業務システムいかがですか』って来るんだけど、どうもパッとしないんだよなあ……。はっきりいってズレてる!」

こんな思いを抱いたことある方いらっしゃいませんか? 私も、建設業の社内SEに転職してから、ユーザーの方々の気持ちが理解出来るようになりました。市販の業務用アプリケーションソフトは、帯に短し襷に長し。どんなにがんばって開発したソフトも、『業務理解が不十分!』とお叱りを受けてしまうようです。今回はその理由を、住宅建築に例えて書きます。

さて、私(鈴木)は念願のマイホームを建てるべく、休日に住宅展示場へ向かいました。優秀(?)なSEである鈴木は、今日のこの日の為に要望事項を抜かりなく紙にまとめていました。収納スペースの確保――などは当然のことですが、そのリストの中には、鈴木の人生において非常に重要な、欠かすことが出来ない大事な要望がありました。

「カラオケが出来る防音の部屋を造る。」

私、カラオケが好きなのです。カラオケルームが死んでも欲しいのです。周囲の冷たい視線にもめげず駄々を捏ね通した結果、建売住宅にカラオケルームが追加されました。私はそこでくるくる回るミラーボールを眺めながら、自慢のコブシを妻子に披露しては悦に浸るのでした。めでたし、めでたし。

乱暴に言い切ってしまえば、家も業務システムも似たようなものです。使う人がいて、その人の生活(システムの場合は業務内容)にあうものが求められます。しかし、その要求は十人十色。どうしても十羽一絡げに出来ない部分があります。ユーザーの皆さんが普遍的だと思っている業務内容が、となりの会社では全く通用しないやり方だったりもします。

では、その個別要求に対してどのように応えているのか。

建売住宅の場合は、その時々の機能追加とカスタマイズです。おばあちゃんの為に茶室を追加したり、またフランス人妻の為には、怪しげな紫色照明付きのムード満点ベッドルームも造ります。

しかし、ソフトの場合は逆のアプローチです。基本部分に、カラオケルームと茶室とエロチック・ベッドルームを追加した製品を売り出します。よく見かけませんか、1回も使ったことのないボタンが沢山付いたソフトを……。マニュアルも分厚くて、分かりにくいんです。

コピーして大量に売るのがソフトビジネスなので、製品は1種類のほうが望ましい。また、ソフト屋は業務のヒヤリングをしながら開発しますので、A社でカラオケが欲しいと言われればそれを追加し、B社で茶室を追加。聞いたことのある要望は取り入れるが、それ以外は分からない。その結果、『おまけ機能肥大型帯短襷長ソフト』が出来上がります。

これはパッケージソフトの性格上、どうしようもないことと言えます。建売住宅は最大公約数的で、ソフトは最小公倍数的と言えるでしょう。機能不足を我慢してもらうのが建売住宅ならば、余計なものを使わないように我慢してもらうのがソフト。似ていますが、妥協の仕方が少し違います。

なるほど。『それでは、最大公約数でも最小公倍数でもない最適業務システムは、自社開発するしかないのか?』という話しになってきます。ですが、そのへんのお話しは次回以降で。最後に今回は一曲歌って終わりにします。

〜 人生いろいろ、間取りもいろいろ、庶民だっていろいろ造りたがるの 〜

2002.11.03

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ