ブラジャー選びに要求定義を学ぶ

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第2回

ブラジャー選びに要求定義を学ぶ


最近、ブラジャーに凝ってます。通販カタログを、休日にパラパラとめくったりして楽しんでます。(見るだけ。着用したりしません。)しかしITボーゲニストの私は、休日も仕事のことをずっと考えて続けています。するとなんと、『ブラジャー選びは要求定義だ!』とひらめいてしまったのです。感動し、女性の素晴らしさと男性の小ささが分かってしまった瞬間でした。

想像してみて下さい。女性の胸は実にさまざまなサイズ、形をしています。ご立派なものもあれば、控えめなものもある。ツンと張りのあるものもあれば、ダラリと……。(書いてて恥ずかしくなってきた。)

ブラジャーの場合、まず試着して買いますね。その際、世の女性の方々は一体何を基準としているのでしょうか。ブラジャーというもの、小学校の家庭科で習ったような『下着は汗を吸い取り、保温層を作る』という単機能製品ではないようです。寄せて上げるだとか、チラリと見えるだとか、いろんな機能を持っています。男性の下着や服とはえらい違いです。

「これは勝負下着だから、付け心地よりもセクシー度優先!」 とか、「毎日つけるのは、楽な方がいいわ。」 と言って選んでいるのでしょう。

皆さん、非常にはっきりしています。自分の体のことを理解した上で、不必要な部分はばっさりと切り捨てている。この潔さに、私は感銘を受けたのです。

前回、『究極の業務システムは自社開発』と書きました。既製服よりオーダーメイドの服のほうが良いのは確かです。しかし、安易な気持ちで開発を始めてほしくないのです。おそらく、あれもこれもで永遠に終らなくなるでしょう。『機能肥大型帯短襷長的パッケージソフト』の道へとまっしぐらです。ミイラ取りがミイラになってしまいます。

そこで規模増大を防ぐ為にお勧めするのは、『捨てる部分を先に決めること』。システム開発の最上流工程は『要求定義』と呼ばれます。開発のテーマと、やるべきことを決める工程です。ここを、システム化しないところから考えていってみてはいかがでしょうか。白紙に絵を自由に描いていくのではなく、石を削りだして彫刻を作っていくような感覚で。

まずはブラジャーのように試着をします。沢山のソフトメーカを呼び寄せ、デモさせるのです。余分なものを削ぎ落としていけば、自分の求めている理想に近づいていきます。すると、市販ソフトに足りないものが見えて来るはずです。それがどうしても譲れない点であるならば、その点こそが開発の最重要テーマです。そこを集中的に作り込んで、市販の下らないソフトを越えましょう。

『経営上の自社の強みと弱み』、『現在の業務遂行上の問題点と今後の夢』。この2点をクリアにして、開発方針を絞り込む。実際の作業はそれからです。開発中、「なぜお前は、こんな面倒なことをしているのか?」とコンピュータが語りかけてきます。その時、「いや、ここは絶対譲れないところなんだ!」と自信を持って答えられるような開発をしてほしいものです。

最後に1つ。デモの途中で理想のソフトに巡り合ったらどうするか? 汎用性の高い経理業務などは、そのような幸運なことも考えられます。その時は素直に買いましょう。ですが、業務スタイルが変わった時の直しはムリだと考えておいて下さい。年を取ると胸は垂れ、ブラジャーは合わなくなってしまうものです。(自作ソフトは、自分で修正し、使いつづけることも出来る。)

2002.11.10

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ