機械なんて至らないもの

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第3回

機械なんて至らないもの


2回に渡り、住宅やブラジャーの例えを用いて、システム開発の上流工程の重要性についてお話ししてきました。今回もそれを受けて続けます。

「おたくのソフトには、なんで○○機能がないの?」

ソフト屋のデモを見て、このように感じることがあると思います。なぜその機能が用意されていないのか、そこに少し突っ込んでみます。

まず、その要求は初耳だったことが考えられます。あなたの会社の業務スタイルが同業他社と著しく違っていたか、ソフト自体の適応力が低かったケースです。いずれも、業務とソフトが噛み合っていないと言えるでしょう。また、それに対して、『知っていたが造らないケース』も考えられます。

「その機能を追加したところでソフトの売上は大きく変わらん!」という場合もあります。ソフト屋も商売ですからね。しかし開発が困難で、実現できていないケースもあります。そんな時ソフト屋は、訳の分からないことを言って帰ってしまうでしょう。残されたあなたは、「なぜソフト屋の言うことはこうも難しいのか?」と途方にくれます。

業務担当者と開発者のコミュニケーション問題については、また別の機会に書きます。ここでは、『機能不足のソフトをどうするか?』という点を考えてみたいと思います。システムを自社開発する際も、覚えておいて損はありません。

結論から言えば、『ソフトにあわせて、人間が仕事の仕方を工夫することも必要!』となります。一切の妥協をしないで、自社に合うソフトを探し求めるだけではなく、人間の方から機械に歩み寄ることも時には必要です。まずその為には、例外的な業務手順を極力少なくすることをお勧めします。

小さな会社の場合はよくありますが、『この件だけは○○さん』というケース。普段は課長だけしかチェックしない請求書を、ある取引先についてだけは部長もチェックするというようなケースです。手順が形骸化して、ただスルーさせているだけの場合もあります。このような場合は、社内のスタンダードルールにあわせて変えてしまいます。

考える上で参考になるのが、稲刈り機の導入と田んぼの変化です。(例えが田舎くさくてスイマセン。)機械での農作業が前提となり、田んぼは広大な四角四面のものへと変わっていきました。人間が作業する場合は、四角とひょうたん型の間に大きな違いは生まれませんが、機械にとっては四角のほうが効率的だからです。

また、ひょうたん型の田んぼは、中央部分だけを機械で刈り取ってしまえば良いのです。初めから、端っこだけを人間がやるつもりでいれば面倒には思えないはずです。(余談ですが、そうなると人間に要求される能力も違ってきます。根気よりも、機械が出来ない隙間を埋める手際よさが重要となる。)

もちろん、深い意味のある業務ルールは変えてはいけません。また同業他社と違うからと言って、グローバルスタンダードにムリやりあわせてもいけません。自社の強みが消えてしまう可能性がありますから。まずは社内で相談し、惰性でやっているような非合理的ルールを取り除くことです。

我が家は、子供が出来たことをきっかけに、食器洗い機を導入しました。初めは効果を疑問視していましたが、やはり便利です。汚れの激しいものだけは、ちょっと濯いでからセットします。大変結構なことでしたが、「アンタでも十分出来るわね!」と仕事が私に回ってきてしまいました。遅く帰って、最後に食事する私が洗うべきですやね。なんて合理的な我が家、トホホ。

2002.11.17

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ