パンツ、ズボン、コート(システムには層がある)

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第6回

パンツ、ズボン、コート(システムには層がある)


まずは『システム』の定義から。日本語には『仕組み』と訳すのが最適だと思います。『なんらかの問題を解決する為に、人間が工夫して編み出したもの』がシステムです。形のない場合もあります。法律や金融などはそうです。

『システム=コンピュータ』と短絡的に結びつけるのは誤りです。極端な話しですが――わが社はパソコンはおろか電話すらない。それでも業務は上手く回っているし、売上も増加傾向だ――という会社があった場合、そこの業務システムは素晴らしいのです。システムとはコンピュータのことではなく、我々の身のまわりいたるところにあります。

では次に、よいシステムにみられる特徴について、考えていくことにします。下記に3つの例題を掲げました。全て違う現象ですが、問題の原因を1つの共通した理由で説明することが出来ます。ヒントは1番目です。

1、パンツとズボンをはかずに、トレンチコートだけを着た。寒かった。2、念願のマイホームを建てたが、家族が増え、結局、建て替えた。3、趣味でホームページを立ち上げたが、面倒くさくて、最近は更新してない。

どうです、分かりましたか? 層(そう)のないこと、が共通の理由です。よいシステムには、必ずと言っていいほど層があります。層がクッションとなり、外部環境とその変動に上手く適応出来るようになっているのです。

例題1から見ていきます。衣服も、人類が地球上で暮らす為のシステムです。重ね着の目的は、保温の為もありますが、汚れやすい部分を下着として毎日取り替える為です。そうすれば、毎日ズボンを履き替えなくてもよくなります。そして吸汗を考える必要もなくなり、装飾性を高く出来ます。コートだけ着たヘンなおじさんは、層がないのでやっぱり異常です。

例題2。居住人員の変動が予想される場合、私ならば2層に分けて考えます。建築家に頼まなければいけない部分と、自分でもやれそうな部分と。具体的には、内装と間取りをDIYで自由に変えられるような構造にしてもらいます。実際に施工してもらうのは、基礎と屋根、外壁、水周りだけです。自然とビジネスビルのような造りになります。間取りは後で、私が自由に決めて使います。

例題3。頻繁に更新する部分と、それ以外の部分とに分けて考えればよかったのです。構造化しないで、ただやみくもに造ってしまったから、更新作業が大変なのです。先にフォーマットを作っておくべきでした。

要するに、慌てて造ったシステムは、単層的でノッペラボウ。環境変動に対する適応力が弱く短命である、ということです。

ビデオデッキのシステムは3層構造です。まずはハード層、次にメディア層、最後にデータ層。データ層に映像を自由に読み書き出来るので、色々な映画が楽しめます。メディア層(ビデオテープ)がハード層から独立しているので、他人への貸し借りが可能です。

これに対し、最近市販されたハードディスクビデオは2層とみなすことが出来ます。ハード層と情報層しかありません。従来のテープにあたる部分は、ハードに一体化されています。ゆえにメディアの貸し借りは出来ませんが、それ以外の新しいメリットがあります。

この新旧ビデオシステムの比較から分かるように、目指しているものが違えば、当然ですが階層数も違ってきます。層の多い方がいつでもエライという訳ではありません。システムを考える際には、ハードとソフトの単純な二元論ではなく、層という概念で捉えることが大切です。

さて、ようやく本題である、コンピュータの話しに移ります。「社内の業務システムにも、階層構造を取り入れよう!」と言いたいのですが、残念ながら字数となってしまいました。今回は2層構造をとって、次回へと続きます。

2002.12.07

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ