帳票はセルフサービスで

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第7回

帳票はセルフサービスで


私は小さな建設会社に勤務しています。社内で使う原価管理のシステムは、その大半を私がプログラミングしたものです。現在も改善作業の真っ最中で、愛する妻子の待つ家には、なかなか早く帰れません。

システムというもの、稼動させてみると、次から次へと色んな要望が湧き上がってくるものです。デザインの修正や使い勝手の改善、新機能の追加、そして私の作り込んだプログラム・チョンボ(バグと言います)なども。(反省)

「なんとかもっと楽になる方法はないか?」と私は考えました。悩んだ末に見つけた方法は、『レポート(帳票)をユーザーに作ってもらうこと』でした。

私の考えはこうです。システムの根幹に関わる修正要望もあることはあるが、数の上ではむしろ少ない。一番多いのは、データの分析についての要望だ。ならば、それを皆に渡して、オレの仕事を半分にしよう! そうだ、ユーザーのユーザーによるユーザーの為の自由なデータ分析の実現だ!

要するに、システムに層が無いのが原因でした。データを自由に扱える仕組み(データ活用層)があれば、皆は私にレポートを頼む必要など無かったのです。私は知らないうちに、ユーザーとソフトウエアの中間層になっていたのでした。(『ユーザー』→『私(データ活用層)』→『ソフトウエア』)

そこで解決策です。私がユーザー用にデータ活用ツールを開発し、それをシステムの中へと埋め込む。ユーザーはそのお助けツールを使い、データベースからデータを抽出する処理(簡単なプログラム文)を書く。抽出したデータは、EXCELシートで分析に使う。抽出処理とEXCELシートは保存しておき、誰もが再利用可能な状態にする。ざっとこんな感じです。

ツールを独自開発するのは、社員のデータベース操作スキルを考慮した結果です。社員約30名の内、お助けツールを使わずにデータを操作出来る者は、私を含めてわずか3名。全員パソコンは使えますよ。EXCELやインターネットは大得意です。が、データベースが使えないのです。このハンディキャップのことを『データベース・ディバイド』と呼びます。私が勝手に命名しました。

市販のソフトを導入することで、ディバイドを解消する方法もあります。私の知る製品の1つには、『クリスタルレポート』があります。各種データベースに接続し、簡単な操作でレポートを作るツールです。検索、集計思いのまま。グラフ作成も可能。EXCELにデータを吐き出すことも出来ます。(EUCツールと呼びます。エンド・ユーザー・コンピューティング・ツールです。)

いずれにしても、クエリ(問い合わせ)と呼ばれる知識が必要になりますが、この情報は、本屋のパソコン書籍コーナーで簡単に入手可能です。SQLや、データベース、クエリで探してみて下さい。デジタル・ディバイド解消の次は、データベース・ディバイドの克服が目標です。

システムの全てをIT担当者の管理支配下に置くのではなく、ユーザーの自由度をある程度認めてあげる。開発者は楽になり、ユーザーは利便性が増す。これこそ新時代の共存共栄策! と喜びましたが、ネックが2つありました。

まず、社内のデータベースが公開可能かどうか。市販のパッケージを導入しただけだと、難しいケースが多いでしょう。公開されていないデータベースに、クエリのしようもありませんから。データベースへのアクセスが可能かどうか、開発したメーカーにクエリしてみて下さい。

あとは、開発者の仕事が激減してしまうこと。私がクビになるかもしれないってことです。情報公開せず、いつまでも忙しくしていた方が身の為でしょうか?

2002.12.14
鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ