ソリューションはイリュージョン

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第8回

ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)


あるコラムの中に、ちょっとひっかかる表現がありました。

「客は見えないものを欲しがれない。客の半歩先をリードしてこそビジネス。」

ソリューション(解決策)について書かれた文章です。筆者のT氏は洋行帰りのビジネスマン。大学で講義もする、言わばエリートです。600部発行のメルマガに呻吟する、私のような凡人ではありません。

文章を要約すれば――ソリューションというサービスを提供するビジネスは、顧客にどこをどうしましょうかと聞いてはならぬ。客は解決策が分からないから頼んでいるのであり、聞いて出てくるのは問題の山ばかり。それに振り回されるのは時間のムダだ。基本的目的と問題意識を理解したら、さっさと解決策のイメージを提示し、顧客を振り回すことが大切だ――と言っていました。

理論と経験を兼ね備えた識者の方のお言葉です。う〜ん、アメリカ式の先手必勝型ビジネスマンという感じがします。まあ、顧客に振り回されるのは辛いものですね。私もひどい経験を何度かしております。

最近のIT関連情報誌を見てみると、大げさな革命型の広告が目に留まります。コピーに腹を立てても仕方ありませんが、今IT業界はソリューションの大合唱中です。しかし、この解決策とやら、そもそも私のようなコンピュータ側の人間が提示できるものなのでしょうか? 

私の考えは『NO』です。だって相手は、自社用に最適な業務システムを構築したいと考えている人達ですよ。ありきたりの業務知識で作られたソフトでは満足出来ないコアなユーザーです。業務知識が劣るIT専門家が出しゃばったところで、子供だましにしかなりません。

ネットワーク構築サービスやパソコン購入診断サービスなどの、ハード比重の高い仕事とは区別して考えて下さい。顧客の持つディープな業務知識が必要なケースの話しです。真の解決策は、ユーザー自身の中に眠っています。それを上手く引き出し、整理編集してあげることが、開発者の仕事なのです。

ちなみに、私が今取り組んでいる土木工事用原価管理システムの開発。これはどこのITベンダーが取り組んだとしても、決して簡単には構築出来ないシステムです。構想者が現場監督20年以上の大ベテランで、IT技術にも明るく論理的思考の出来る人だからこそ、実現できるシステムなのです。エリートコンサルタントの想像を遥かに越える深遠な世界が、どんな業種にも存在します。

イメージ先行で、(悪く言えば)顧客を騙すような仕事の進め方には、賛成出来ません。ソリューションには程遠い、旧来型のモノ売り商法だと思います。基本的にシステム開発は、顧客に合わせた一品受注生産型の仕事なのです。

では、開発者はユーザーから、いいように振り回されるだけなのでしょうか? AからZまでリードされっぱなしなのでしょうか? いいえ、違います。上手にリードしてあげなくてはいけない部分があります。

それは仕事の進め方です。無計画に進めがちなユーザーを、上手くマネジメントしてあげる必要があります。プログラムが書けるなどの技術スキルより、もっと大切な広義の意味でのスキルが、プロジェクトには必要なのです。業務知識はユーザーに、仕事の手順は開発者に聞け! です。

あんまり技術者が威張っちゃいけません。ITなんて、業務をよりよくする為のツールでしかないんですから。私、思うんですが、『IT革命』とは、今まで虐げられてきた技術者達が、自分達に都合がいい世界を実現しようとしているだけではないのか、と。『IT技術で世界が変わる』のではなく、『IT技術者達が革命を起こす』ということなのでは、な〜んて思ってます。

2002.12.21

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ