脱税の出来るシステムとは?

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第9回

脱税の出来るシステムとは?


皆さん、脱税したことありますか? ウチはあります。前科ついてます。

いや、私が脱税したのではありませんよ。今から10年以上前、ウチの会社が脱税でアゲられたというお話しです。私がまだ入社する前です。

なんでも、エキセントリックだった先代のオーナー社長が、「オレの稼いだカネだぞ、文句あっかコノヤロ!」と脱税の指示をしたとか、しないとか……。今は社長も交代し、ごく普通の真っ当な会社になりました。

この『脱税』というテーマ、結構考えさせられます。以前あるクライアントから、税務調査用に丸秘帳票を作ってくれと依頼されて、困ってしまったことがありました(上場の大企業です)。大手も中小も皆、多かれ少なかれ似たようなことをやっているものなんですね。

ウチの場合、どうやって脱税していたのでしょう? 推測ですが、やはり一部の人間だけでこっそりとやっていたのでしょうね。買ってもいないものを買ったかのように帳簿へ記入して……。まだ業務システムなどなかった時代です。

現在、当社(土木建設業)は、各工事現場単位に原価管理が出来るシステムを使っています。各現場監督は、その日使用した資源(人、材料、機械など)を日報として入力します。その入力されたデータの金額集計値が、予算との対比で表示され、赤字か黒字か瞬時に分かる仕組みです。

このように、製造原価のデータが入力されているとなれば、そのまま経理システムに流したくなってきます。大企業の業務システムでは、ほとんどがこの方式(自動仕訳方式)です。しかし、当社はそうしませんでした。経理担当者の手動操作で、工事システムから仕訳用のデータを取り込む仕組みです。工事と経理は連動していません。

「へへ、それはな、両システムが連動していると脱税しにくいからさ。経費水増しの為には、日報に買っていないものを入力しなくてはいけない。すると、各現場監督までもが脱税を知ってしまうことになる。脱税を経理だけの秘密にしておく為、わざと経理システムを独立密室化させたんだ。どうだ、へへへ。」

今のはウソです。本気にしないで下さい。意義ある開発をしようと検討を重ねた結果、両システムを連動させなかったのです。

理由は主に3つ。まずは、工事業務を集中的に開発する為。経理は市販ソフトで済ませ、不満のあった工事部分だけを、徹底的に作りこみました。そして2つ目は、システムの柔軟性。あまりガチガチに連動させると、融通が効かなくなります(修正などがし難くなる)。そして最後は『大風呂敷病』をさける為。

大風呂敷病。データベースの扱いに慣れるとかかる病気です。社内の全業務を統合しようと欲張りすぎ、結局、開発が終らなくなってしまうのです。向上心の高い人ほど、発症してしまう傾向があります。

複数業務がリンクするシステムの開発は、プロでも大変です。私の見た限りですが、一般ユーザーにも部門内システムは十分開発出来ます。しかし複数業務となると、まず失敗します。犬小屋ならお父さんの日曜大工でも建てられますが、高層ビルは建築会社にも難しいのです。

難しい理由はいろいろとありますが、一般ユーザーの方にはアドバイスとして、複数業務システムの一括開発をしないようにお勧めします。小さくコツコツと開発し稼動させていくのがコツです。また逆に、繋がりが密な部分は分離せず一括開発して下さい。この場合、分けるとかえっておかしくなります。

結果的に当社は、ゆるく統合されたシステムとなりました。やれば脱税も出来ますが、それは犯罪! ウチも今はしてません(キッパリ)。

2002.12.28
鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ