手書きのチカラ

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第10回

手書きのチカラ


謹賀新年。本年も『IT暴言』をよろしくお願いします。それにつけても、最近の年賀状の綺麗なことときたら……。

まず宛名は、流れるような毛筆フォントです。「こいつ、ひどいミミズ文字のくせに!」なんて野暮なことは言いません。自慢じゃないが、私も字は汚い。「メルマガを手書きにしろ!」と言われたら、死んじゃいます。

そして裏面は、これがまたカラフル。家族の写真や挨拶文が、デザイン的にバランス良く配置されています。デザイナー顔負けの素晴らしい出来栄えは、年賀状ソフトに付属するテンプレートのお陰でしょう。

綺麗は良いこと。何事も見た目が重要です。しかし今度は、別の問題が発生。「手書きの年賀状には心がこもっていた。どんなに忙しくても、一筆したためるのが礼儀だ!」と、一部のへそ曲がりが言い始めます。この21世紀に、パソコンの使えない人たちなのでしょうか?

まあ、気持ちは分かりますね。いつの時代ももらってうれしいのは、その人なりに気の効いた一言が書き添えられた便り。ですが私は、「そんなに手書きがありがたいものなのか?」と思ってしまうのです。

私は、心のこもらない手書きが得意です。「お前に年賀状なんか、書きたくないんだよ」と言いつつ、「本年もよろしくお願いします」。「書くことないんだけどなあ」と思った時には、「元気でやってますか?」。人間って、心にもないことを平気で書けるんですよ。愛情込めた振りをして。

私が年賀状に望むことを考えてみると、『ホンの一瞬でもいいから楽しませてくれるかどうか』。その点では、楽しめる年賀状は減りました(昔と比べて割合が)。皆がパソコンを使い始めたからです。皆が使っていないうちは、綺麗な印刷が差別化になりましたが、今は「どうせ素材集をコピペして配置しただけだろ。別にどうってことないじゃん」。

怖い時代です。第一印象上の差が少なくなるにつれ――お前は何をどの程度考えているのか?――と、ストレートな中身だけの勝負が始まります。『○』か『×』かが、すぐ分かってしまうのです。

もしも人間の服が、皆同じになってしまったら? 中身で勝負の時代の『中身』って一体何? 知性、人間性、話術、肉体美? どれも簡単には鍛えられないものばかりです。『スーツを着て高級車に乗って高級クラブへ』が通用しなくなります。

あなたの出そうとしている書類の内容がイマイチ弱い場合、下手な手書きの文章を一筆混ぜておきましょう。そうすることで、内容への注目を少し減らせます。ワープロの文章にも、わざと誤字を入れておきましょう。「なんだこいつひどい痔だな」と言われていた時代の方が、まだ幸せだったかもしれません。

熟考され熱意のこもったワープロもあれば、お馬鹿で心のこもらない手書きもある。このIT時代における手書きとは、手っ取り早く愛情を表現し、相手に煙幕を張るテクニック。パソコンが得意なのに、わざと手書きする手練もいます。(ある商店の販促チラシで見かけました。ガリ版風の手書きに、おっ! と思ったのですが、中身は大したことありませんでした。)

ITを使っても人間の中身は変わらず。IT技術は、表現力の弱さを補いはするが、思考力の弱さを助けはしない。仕事の出来る人と出来ない人の格差は、きっとますます広がります。

「さて、今年は稟議書を筆で書いてみようかな? たぶん、社長も驚くぞ!」

(蛇足)自分の筆跡を取り入れた、マイフォントを作ってくれるサービスがあります。私、かなり興味あります。

2003.01.11
鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ