2:8=8:2

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第11回

『2:8=8:2』(開発コストを1/5にする方法?)


『2:8=8:2』。数学ではありえないことが、世の中の至る所で起こっている。これが我々の暮らしている社会の、不条理な姿なのだそうです。ご存知の方も多いと思いますが、この数式は『パレートの法則』と呼ばれるものです。

「所得上位20%の人々の所得累計が、社会全体の80%を占める。」(引用)

パレートさん(イタリアの社会学者)は、この『2:8の法則』が多くの現象に当てはまると言います。ソフトの開発コスト(時間)も、また然りです。

私の住む隣町に、ユニークな給与手当制度を持つ結婚式場があります。その手当の名は『オムツ手当』。オムツを使う乳幼児を抱える社員に対し、特別に手当を支給するというものです。なんと福利厚生の充実した会社。しかし仮に、私がこの会社(A式場とする)から給与ソフトの開発を頼まれたとして、「多分こうなるだろうな……」という、1つの悲しいストーリーが浮かびます。

A式場:「(ソフトのデモを見て)お、いいね。なかなか良く出来た画面だね。」
正之助:「ありがとうございます。では近日中にリリースさせて下さ…」
A  :「あ、ちょっと待って。あの、オムツ手当の対応、やってもらえた?」
正  :「は、何ですかそれは?」
A  :「え、説明してなかったっけ?」
正  :「はい。」
A  :「ごめんごめん。じゃあ至急頼むよ。オムツ手当とは〜(説明長々)」
正  :「ちょっと待って下さい、今ごろそんな。大変なんですよ、修正。」

実際の私はもうちょっとマシです。でも実際のところ、システム開発の現場では、こんなことがよくあります。重要な細部ほど必ず後から発覚し、その修正作業に長い時間を費やしているのが実情です。

大胆に簡略化して説明します。入力されるデータを、『一般』と『例外』とに分けて考えると、発生するデータの件数は、『一般:例外=8:2』となります(一般社員:オムツ社員=8:2)。しかしプログラムの行数は、『2:8』
になります。ごく一部でしかない『オムツデータ』を処理させる為、作業時間の8割を使ってしまうことになるのです。

非常に困った話しです。軽微な、オプションと言える対応をすればするほど、開発コストは等比数列的に膨らんでいきます。

このコスト逆転現象を、ユーザーの方は理解していません。仕方ありません。本格的な開発経験がない限り、知りえない情報ですから。長年、SEをやっていると、物事を悲観的に考えるようになります。それは、悟ってしまっているから。せっかく聞いた話しが、たった2割でしかないことを。

結論。2割の例外部分をどんどん切り捨てていけば、理論上の開発時間は、今の1/5になります。しかし、それは無理な話し。オムツ手当をなくしてしまったら、A式場はA式場でなくなります。どうやっても捨てられない、独自の仕様がシステムにはあるのです。なので、『想像の5倍以上の時間が、開発にかかる(だろう)』としておくのが無難です。むなしいものなのです。

偉い人:「おう正之助。例の新機能の開発はどうだ?」
正之助:「8割方、進んでいます。順調です。」
偉  :「そうか、じゃあ、来週早々にでもリリースできるな?」
正  :「まだまだ無理、まだ8割です。」
偉  :「なんだと、8割終ったと言ったじゃねえか!」
正  :「ええ、8割残ってます。」

(独り言)現在、消費税制変更の議論があります。贅沢品とその他の商品に分け、税率を変えるような話しです。こんなのがとても面倒な修正になるんです。それに、税率5%は端数が出るので困る。どうせ変えるなら、税率は全商品一律100%というのが私の希望。いや、0%が理想だな。

2003.01.17

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ