砂時計にサヨウナラ

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第12回

砂時計にサヨウナラ


『細部の2割が開発時間の8割を占める』、『重要な細部ほど後に発覚する』。前回、開発作業のどこが大変かを説明したところ、ユーザーの方からメールをいただきました。

「いつも後から修正を依頼してしまい、すまないと反省している。」

恐縮です。そこで今回は、コミュニケーションの方法について。よいシステムを開発をする為、ユーザーと開発者が行うべき究極のコミュニケーション方法とは? 回答は申し訳ないほど単純です。『文書中心に切り替えること!』。

面倒くさ〜、なんて言わないで下さい。複雑な知的共同作業を行う上で、最も効率の良いコミュニケーション方法です。文書は文章という意味ではありません。数式であっても、表やイラストであってもよいのです。要は伝わればよい。文も長々とは書かず、箇条書きで十分。紙にまとまってさえいれば、クリーニング屋さんへ頼む時のように、「これ、お願い」の一言で済みます。

とにかく、話すと長くなってしまいます。要点もぼやけます。また、開発者に判断ミスが増えます。なぜなら、最後まで聞かないと論理面の整合性を検証出来ないからです。経験的に、会話途中で出した答えは、間違っている可能性が高い。それに実際の打ち合わせでは、細部をメモに書いて渡しているのでは? 「ほら、こんな感じで頼むよ」なんて。

ユーザーと開発者の脳を直接つなぐことが出来ればよいのですが、SFではないのでそれは無理。ゆえに『紙』となるのです。口頭のコミュニケーションは、まるで砂時計のよう。間が大きくくびれていて、情報を流れにくくさせています。手紙をやり取りするようなスタイルに変えれば、情報伝達の効率はぐんとアップするはずです。

しかし現実。小さな会社は、コミュニケーションのほとんどが口頭です。ほんと、どうにかならないものでしょうか?

分析してみると傾向があるようです。大会社より小さな会社が口頭派。同様に、内勤より外勤、座り仕事より立ち仕事、技術者より営業マン、平社員より偉い人、が口頭派です。かなりステレオタイプですが、キツイ仕事、優位な立場にある人ほど、紙を書かなくなる傾向があります。

最近はあまり話題に上らなくなりましたが、日本のホワイトカラーの生産性が低いという話し。これは、口頭主体のコミュニケーションに原因があるとされています。欧米のオフィスは個室式で、日本は大部屋式。欧米はメモ渡し伝達スタイル(今はメール)で、日本は「おい、正之助」。もちろん日本式にもメリットはありますが、知的生産に関しては欧米が上です。

開発者は、口頭のあいまいさがイヤなのです。コンピューターから、YES、NOを常に求められる仕事ですから。自然と、開発者同士のやりとりは文書になります。私など、同僚に弁当を頼む時も欧米流のメモ渡しです。決して私が、金髪女性好きのITボーゲニストだからではありません。

最近流行のペーパーレスシステム。小さな会社には当分必要ないだろう、と私は見ています。もともと小さな会社はペーパーレスだったのです。紙にオサラバしようという発想は、過去に大量の文書に溺れていた官僚的大企業の話し。小さな会社の場合は、まず文書化。そしてそれに補助的な口頭説明をプラスする。ペーパーレスシステムの導入は、それからでしょう。

以上、『何をどう伝えるか』の『伝え方』についてでした。開発規模が小さいうちは、文書での伝達を心がけていれば、大きな問題はないでしょう。しかし大規模になると、また違った点に注意する必要があります。そうです、『何を』の部分です。モヤモヤとした要求をどうやってまとめるか。次回は『考え方』について考えてみます。私の脳のモヤモヤを、頑張って文章にまとめてみます。

2003.01.27

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ