とりあえずバイアグラ

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第13回

とりあえずバイアグラ


「あの、先生。最近、ちょっとこっちの方、元気ないんですけど……。」
「はい。ソレジャ、バイアグラ出しとくから、飲んでみて。」

こんなお医者さんに当たってしまったら、どうします? おっかなくて、とても相談なんか出来ませんよね。まずはきちんと症状を聞き出し、病気とその原因を明らかにしてから、処置を施すべき。しかし、なかなかそれが出来ず、場当たり的作業の連続になってしまっているのが、システム開発の現場です。

新規の開発だけでなく、パッケージの導入でも同じです。大規模になればなるほど、迷走の確率は高くなる。このコラムの中では、システム構築の注意点をいろいろと書いてきましたが、まだまだ書き足りないほどです。

やはり、モノ作りは基本が大切だと思います。『業務上どんな問題があって、解決の為にはどんなシステムが必要か』という点を、ユーザーと開発者がしっかりと整理すること。まずはこれにつきます。『何を作るか』が先で、『どう作るか』は後。書店に技術情報は沢山ありますが、『開発テーマの発見法と、その実現の為の思考技術』について書かれたものは、ほとんど無い。

そこで、これから何週かに渡って、『物事の考え方』について書きます。優秀なSEを何名そろえたとしても、『作るべきシステムの姿』が間違っていたら、プロジェクトは水の泡に終ります。それを避けてほしいのです。「ちょっと改良が必要だけど、方向性はこれでOK!」と言われるシステムの方が、よっぽどマシです。開発するなら、本当に価値のあるものを作って下さい。

では、考え方についてです。大きく分けて2つ方法があります。『ヨウハ法』と『ソレジャ法』です。どちらも私流の勝手な呼び方です。今回は名前とサワリだけにして、詳細は次回からにしますが、この2つは、偉大な哲学者がもう何百年も前に言っていることです。テクノロジーに踊らされないよう、古典的な哲学を(少しは)覚えているほうがよい、と私は考えています。

まずは『ヨウハ法』。これは『帰納法』と言って、ベーコン先生の考え方です。平たく言えば、数多くの情報から最も重要な部分を、『要するに…』とまとめ上げる方法です。なので『ヨウハ法』。

ソレジャ法は『演繹法』と言います。『ソレジャ、こうしてみたら…』と、前提を元にして発想を広げていく方法です。こちらはデカルト先生です。

まあ、人間が無意識的にやっていることですが……。実際には、こんな感じで使われているはずです。

「バイアグラだなんて……。正之助さん、最近、疲れているんじゃありません?」
「ええ、まあ。仕事が多くて、帰りも遅くなりますから。寝不足ぎみです。」
「プログラムを書く仕事は、すごく神経を使いますよね。」
「そうです。」
「メルマガも書いてるんですよね。ベーコンだとか、難しそうなヤツを。」
「お恥ずかしい。」
「ヨウハ、ストレスです。仕事とメルマガで、心と体が悲鳴をあげてるんです。」
「なんだ、そうだったんですか。」
「ソレジャ、まず様子を見ます。バイアグラはその後で。まだまだイケますよ。」
「よかった、イッてもいいんですね。」

ね。医者はこうでなくては。とりあえずバイアグラではダメ。症状に惑わされることなく、まずは原因の究明。その為には、帰納法と演繹法でしっかりと問診すること。医療の基本です。システム開発も、こうありたいものです。

「あなた、今晩も遅いの? ヨウハ、私のこと嫌いになったんでしょう?」
「そんなことないさ。ソレジャ、今晩、試してみる?」

(注)『IT暴言』は虚実ないまぜのコラムです。

2003.01.27

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ