問題なんて……。

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第14回

問題なんて……。


システム開発のプロジェクトには、帰納的思考をする段階と、演繹的思考をする段階とがあります。分析と要求定義は帰納法、それ以降の、設計とプログラミングは演繹法です。もっと簡単に、企画段階は帰納法主体、実施段階は演繹法主体、と言えます。

システム開発における企画とは、テーマとコンセプトを決めることです。日本語に訳せば、テーマは課題、コンセプトは方針、です。

ここで事例を照会します。システム開発には直接関係ありませんが、とても参考になります。オランダはスキポール空港でのトイレのお話しです。

「男子小便器の周りが汚れている。オシッコの飛び散りがひどい。」

この問題、世界中どこでも同じですね。足元がビチャビチャになったトイレを、たまに見かけます。しかしオランダは、このビチャビチャ問題を、ある画期的な方法で解決しました。蝿です。便器の中に、本物ソックリな蝿の絵を描いたのだそうです。すると、飛び散りが著しく減った。なぜか? 『皆が蝿を狙ってオシッコするようになったから』。

一種の心理作戦です。『きっと面白がって狙うはずだ』と考えたのですね。いやあ、すばらしい。考えた人は、ほんと、天才かもしれません。しかし、これを単に『スゴイ』の一言では片付けずに、なぜこのような解決法が生まれたのかを考えてみます。答えは、『問題を正しく把握したから』です。

「なに? 問題なんて、そんなの初めから分かっている。オシッコの飛び散りが、問題なんだろう。それ以上、一体、何があると言うんだ!」

こう考えないで下さい。我々が通常、問題と呼んでいるのものは症状にすぎず、真の問題ではないのです。問題を分かっているつもりなのが、一番の問題です。

この場合、『トイレ周辺の汚れがひどい』ことが問題とされていました。当然、課題は『トイレ周辺を汚れないようにすること』です。しかし、この段階ではロクな考えは出ません。せいぜい『汚すな!』と張り紙するぐらい。ですが、『トイレの汚れがひどい』ことを症状とし、本当の問題は何かと考えると、見えてくるのです。隠れていた問題は、『男性が正しく便器を狙っていないこと』。

ついに発見しました。バシャバシャとスゴイ勢いで飛ばす、私のような絶倫野郎のせいじゃなかったのです。キチンと狙ってすれば、辺りは汚れなかったのです。ここに到達して初めて、『男性に正しく狙わせる便器』という方針が生まれます。ここが大切な点です。症状から分かるのは課題だけ、方針は隠れていた真の問題に迫ってからじゃないと決まらないのです。

問題の分析を疎かにし、方針の定まっていないところに、画期的な解決策は生まれません。方針が決まってしまえば、あとは楽。『便器に的を描いてみたら』となります。別にオランダらしく、風車とチューリップでも良さそうですがね。

全く別の解決方法もありますよ。便器に大量の氷を入れておく方法です。居酒屋などで良く見かけますね。私はビール好きの頻尿ですが、かなり酔っているときでも、『いっぱいとかしてやる!』とつい狙ってしまいます(アホです)。

まとめとして、企画の段階では、まず真の問題点を発見すること。その為には、帰納法的思考による整理が必要で、『ヨウハ、何が問題なの?』と考えぬくことです。これがないと、解決は出来ません。問題が分かっているのは、学校のテストだけ。実社会では、問題なんて見えていないことが多いのです。

(お詫びと予告)臭い話しでスイマセンでした。男子トイレを見たことない女性の方、勉強の為、潜入してみて下さい。前に私が勤務していた会社、トイレに『散らすな!』と張り紙がしてありました。本当にシステムを作るITベンダーだったのでしょうか? 次回も帰納法を続けます。

2003.02.08

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ