ナゼ×5=?

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第15回

ナゼ×5=?


システム構築の企画段階について。当社の工事原価管理システムの例で説明してみます。まずは、テーマ(課題)がきちんと立っていないといけません。

『施工する工事で、高利益が出せるような仕組み(システム)。』

5W1Hのうち、3Wは明確にしておく必要があります。WHO(使用者)とWHAT(何の為)とWHY(なぜ)の3つです。HOW(方法)は、これから考えていきます。また、WHEN(いつ)とWHERE(どこで)は、自動的に決まってしまう場合が多いでしょう。

当社の場合、各現場監督に管理をあずけっ放しにせず、全社的に取り組むことになりましたので、WHOは各現場監督とその統括管理者です。WHATは利益を出すため。WHYはこの公共工事削減の時代に、同業他社とのサバイバルレースに勝つためです。このように、会社の向かう方向性を反映したものになっている必要があります。

目的を統一、確認したら、情報収集です。WHOの対象者から、意見を聞きましょう。口頭よりも、文書(アンケート)のほうが、お勧めです。ニッポン人は口下手、会議下手ですから。とにかく、出来る限り多くの情報をあつめます。ソフトメーカーのパンフレットなども、参考の為、取り寄せます。

アンケートの取り方ですが、出来るだけ具体的な設問にすべきです。『利益を出す為の仕組み』では、意見が出にくい。『過去、どんな理由で赤字になったことがあるか』など、バクロするのが苦しいようなものにして下さい。また、『こうだったら便利なのに』という夢も集めます。今、実現出来ていないことは、問題の1つですから。苦い現実と、夢。この2つがポイントです。

『○○さんが書いてくれたからオレはいいや』。この考え方はマズイ。個人的問題か全社的問題かを判断する為、面倒でも省略せずに書いてもらいます。

分析は少人数で行う方が効率的です。小さな会社の場合、ユーザー側の代表1人、SE1人が良いのではないでしょうか。前向きで建設的な発言が出来て、現実的な判断も持ち合わせた人が理想です。両方持ってない人の場合は、2人で1つになればOKです。システム企画の藤子不二雄を目指しましょう。問題点の本質を見極めて、コンセプト(方針)を立てるところまでが仕事です。

回収したアンケートは、そのまままとめてしまってはダメです。なぜなら、それは症状でしかないから。まずは簡単なグルーピングで済ませ、問題を掘り下げる必要があります。記入者に、聞き取りをする場合もあるでしょう。ゆえに、アンケートはカード式で記名欄付きのものがベターです。

掘り下げは『世界のトヨタ』を見習ってやります。『WHY(なぜ)を5回繰り返せ!』と、トヨタでは教わるそうです。競争力の秘密は、広く現場の人間にまで浸透したこの『ナゼ×5』にあるのですね。この気持ちでやってみます。

ですが、気楽にやるのがコツです。深入りし過ぎると、解決出来ないところにまで到達しますから。『社員が無能だから』となったところで、どうしようもありません。それに循環問題もあります。(卵が先か鶏が先か分からない問題)

形式にこだわりすぎないことも大切です。『フィッシュボーン』と呼ばれる問題解決用のチャートもありますが、実際にやってみると、なかなか本で見るような綺麗なものにはなりません。あれは、プレゼンテーション用に清書したものです。曖昧なものは掘り下げ、関連するものはまとめて。どんどん進めます。

2人で部屋にこもり、『なぜ? なぜ?』とやっていると、段々、危ない雰囲気になってきます。そして頭もかなりおかしくなってきます。いわゆる『煮詰まった』状態です。しかし、これが良いのです。頭の中に全ての情報が入りきったということですから。コンピュータと同じで、インプットがあればアウトプットが生まれる。目の前の霧が晴れるのはもうすぐです。以下、次号。

2003.02.15

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ