感動したらゴミ箱へ

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第16回

感動したらゴミ箱へ


工事原価管理システムの企画風景。アンケートを集め、問題を掘り下げました。関連するものについてはグルーピングもしました。既に脳みそはくたくたです。しかし、ここからが大切なところ。一息入れたら、ヨウハ法を始めてみます。

「ヨウハ、○○が一番の問題だったんじゃない?」

問題の中から最も重要な点を、ズバリ! 帰納法でまとめてみて下さい。キーワードを抽出するつもりで、簡潔明瞭な言葉を見つけ出すのがコツです。多少の論理飛躍は気せず、思い切りよく推論を働かせて下さい。

これまでの長考で、脳は問題解決モードに変わっています。大発見して風呂から飛び出してしまったアルキメデスのように、きっと素晴らしいヒラメキが訪れるはずです。以外にも、目の前のカードにひっそりと書かれていたりします。

ちなみに工事原価管理システムの場合は、『見えていない』ということでした。

『施工量が増加した』『予算取りの段階で失敗していた』『材料を購入したことを忘れていた』『出来たつもりの仕事が終っていなかった』『請負金額変更の交渉が遅れた』など、症状は沢山ありました。しかし、これらを端的に表す一言を探せば、「ヨウハ、現場監督ですら、現場の状況が見えてなかった!」。

最も分かっていなくてはいけない人でさえ、現在の進捗状況、収支状況を把握していなかったのです。でも、それが現実でした。施工の管理だけで、仕事は手一杯。いわゆる『丼勘定』です。「こんなことも出来ていないのか!」と言う統括管理者も、自分では出来ていなかったことなのです。おそらく、どこの会社でも大差はないでしょう。現実を直視するのに、勇気が必要でした。

さて、それでは、推論が正しかったのか検証してみます。検証には演繹法を使います。「ソレジャ、もし、現場の状況が見えるようになったら?」と、シミュレーションしてみるのです。

ここまでは、各症状について細かく見てきました。中には、循環問題(卵が先か鶏が先か分からない問題)など、因果関係のはっきりしないものがありました。上手くまとめられなかったものもあります。それら、すっきりしなかった問題も含めて、「ソレジャ、こうなって、ああなって、最終的に消えてなくなるか?」と、演繹的仮定法で考えてみます。

正解の場合、症状がドミノ倒し的に消えていきます。しっくりこないようであれば、間違っていたか、もしくは根深い問題がまだ潜んでいるか。正解にたどり着いた瞬間は、ちょっとした興奮を覚えるはずです。一緒に分析にあたっていた人も、「それだよ!」と歓喜の声を上げるはず。検証も一瞬のうちに済んでしまうでしょう。『感動したら帰納法終了!』と考えて良いかもしれません。

問題の本質にたどり着きましたので、後はコンセプト(方針)を立てて、設計、そしてプログラミングへと、主に演繹法を使った具体化肉付け作業に入ります。方針は、問題の裏を返せば決まります(これを『逆表現』と言う)。長所は短所の裏返しと言いますからね。『現場が見える』をとりあえずの方針として、またまた次号へ続きます。

最後に、せっかく集めたアンケートどうしましょうか? これは、思い切ってゴミ箱に捨てて下さい。持っているとロクなことがありません。ここまでの分析が、全て水の泡になってしまいます。もちろん極論ですよ。しかし、ここで精神的に決別しておかないと、症状という名の亡霊が後から息を吹き返します。

場当たり的な解決を避ける為、病根を特定し、治療の方針を立てたのです。病根を取り除けば、症状は全て自然に消えるはず。頭痛に頭痛薬、体のだるさにドリンク剤、目のかすみに目薬ではないのです。全体を見渡した上でのピンポイント治療で、個々の症状を一網打尽に取り除くことが目的です。この心がけなくして、業務改革の伴う大規模なシステム開発は出来ません。

2003.02.23
鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ