ミタイナの翼

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第17回

ミタイナの翼


システム開発にコンセプト(方針)の必要な理由が、3つ上げられます。まずは発想の増強剤として。次に作業速度アップの為。最後は、プロジェクトのベースキャンプとしてです。

発想の増強剤とは? 人間は制約がないと、ものを考えることが出来ません。制約がきついほど、目標が具体的であればあるほど、良いものが生まれることになっています。例えば、『30代のITボーゲニストが、妙齢の金髪女性を伴って、癒しの為に訪れるプール』を想像してみます。 

「まず、競泳用飛込み台はいらない。プールは非日常的なカタチにする。プールサイドにはサマーベッドのスペース、ペーパーバックとカクテルの置けるテーブルを用意する。そして、グリーンの植物が優しく2人を包み込むようにし、さらに、甘い恋のささやきが消されない程度に音楽を流して……。」

このように、『ソレジャ式』発想がどんどん広がっていきます。制約を設けることで発想力を強化する。これが発想増強剤としての役割です。

次に作業速度のアップ。プロジェクトは個人作業ではありません。多くの専門職が必要となる、知的な共同作業です。コミュニケーションのロスを減らす為、メンバー同士で共通の言葉を持つ必要があります。

エンドユーザー、ユーザー代表、SE、プログラマという、4種類の異人達がプロジェクトには関わります。細かく見ると1人1人が異人。『癒しのプール』のところに『競泳用プール』の人がいては、話しが混乱してしまいます。

最後はベースキャンプとしての役割。プロジェクトとは新しい企てのこと。既知のルーチンワークとは違います。問題が噴出して判断に迷った場合、一体どうすればよいのか? 山で道に迷った時は、確実に分かる地点まで戻りますね。同様に、「癒しの為のプールだろ。腰洗い漕がホントに要るのか?」と、皆で原点を確認し合い、集団的迷走を防がなくてはなりません。

プロトタイピング開発(ナンバー05参照)の上手くいかない理由に、『半端なコンセプトの半端な共有』が上げられると思います。そこで、どんなコンセプトが理想か、考えてみました。『比喩を使った直感的なコンセプト』です。

「SEのくせに、なんてアナログなことを!」と言わないで下さい。システム開発を近寄りがたいものにしているのは、システム屋(私を含む)の難解な言葉使いが原因です。コンセプトは、皆で共有して初めて意味を持つもの。ユーザーの想像力を掻き立てないようでは、コンセプトと呼べません。

比喩を使って、開発に弾みをつけて下さい。これを「ミタイナの力(ちから)」と私は呼んでいます。当社の工事原価管理システムの場合は、「工事ナビ」としました。カーナビ(みたいな)感じで、工事の今をモニターしてもらう為です。「現場が見える工事ナビ」がコンセプト。共通言語を持てば、異人達との打ち合わせも、楽しくなりますね。

すると、また新しいアイディアが湧いてきます。「カーナビは、あと何キロと教えてくれるよね。そんな感じで、発注者と金額交渉する時の為に、獲得目標金額が表示されてたらいいよなあ」と。画面のデザインも、カーナビが参考になります。視野が広がって意見も出やすくなり、知識の連鎖的結合が始まるのです。これは、ミタイナの神が与えたもうた、ミタイナの翼によるものです。

優れた創造は、上手な応用から。ミタイナ式コンセプトの設定で、翼を手に入れましょう。「使いやすいシステム」なんてのはダメ。イメージが全く膨らみません。私が昔やっていた、「原価管理処理のリアルタイム化で利益率アップ」なんてのもダメです。発想のジャンプがおきません。コンセプトを上手く立てられるかどうかで、出来上がるシステムの満足度は大きく変わります。

(近況)同僚とミタイナ研究会を始めました。『一日一喩』がスローガンです。

2003.03.01

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ