ソウ言エバ式進化論

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第21回

ソウ言エバ式進化論


マニュアル・ファースト開発(MF開発)で最も重要なことと言えば、皆にパンフレットを渡して構想を発表した日、居酒屋へ飲みに行くことです。

もちろん冗談ですが、これから皆の知恵を集めて業務改善を進めるのですから、気持ちを一つにしなくてはいけません。リードするのはユーザー代表とSEの2人ですが、あくまでも主役はユーザー。参加意欲を上手く高めることが、よいシステムの開発につながります。渡したパンフレットも、『これからは仕事がやりやすくなるぞ』と、皆に感じさせる出来栄えでなくてはいけません。

続くマニュアルの第1版には、業務手順を記述し皆に回します。『誰が、何を元に、どんな作業をし、成果物は何で、誰に渡すものか』です。もうこの段階で、業務ルールの明文化されていない会社の場合、喧喧諤諤の状態になります。

いつも当社の工事業務の例で恐縮ですが、日報を入力するのは、現場監督なのか、それとも総務の女性なのか? そして、日報をチェックするのは誰なのか? まずは業務の流れを、可能な限りシンプルなものに改めます。

第2版では、画面(帳票)のイメージをまとめ、必要となる機能を列挙します。現行の手書き伝票等があれば参考になりますが、それらが無い場合、『何をする為にどんな情報が欲しいのか』を考えることになります。『工事の進捗を把握する為に、当日の作業量が知りたい』などです。ここが、最も難儀するところでしょう。素案が出来たら、ユーザーに回覧して反応をみます。

色々と指摘、要望があるはずだと思います。ユーザー代表は、新しい業務方法が合理的かどうかチェックし、SEは、要望が論理的に破綻していないか、また、機能の実現が技術的に可能かをチェックします。設計の段階で大切なことは『気付く』ことです。「ソウ言エバ……」と何回呟くかが勝負です。

「現場から、会社に戻ってきた。パソコンに向かって、システムを起動する。そして、自分の現場の日報を開き、今日買ったセメントを品目の一覧から選んで入力する。それから、セメントを納入してくれた業者を選んで入れて……。あ、ソウ言エバ、いつもと違うところから買ったら、どうすればいいんだ? 急遽、別の業者から買うことだってあるよなあ。」

このケース。『事前に登録されているはずの取引業者が無く、日報が入力出来ない』ような、深く考えなければ気付かない点を、いかに早く見つけるかです。

「頻繁にあるんですか、月に何回ぐらい?」
「よくあるよ。大体、1ヶ月に5つぐらいは、新しい業者がでるはずだ。」
「その時、総務に言って、登録してもらうのはどうですか?」
「それはマズイ。総務は帰ってしまっている。日報はその日の内に、が原則だ。」
「ソレジャ、ルール変えましょう。総務以外の人も業者の登録が出来るように。」

相談して、対応を決めていきます。はっきり言って、ホネが折れます。しかし、1つ決めたということは、1つパターンを習得したことです。このパターンは、他にも摘要できることがよくあります。

「ソウ言エバ、業者だけじゃなく、まだセメントが無いケースもある。」
「そうか。ヨウハ、事前に登録されているはずの情報全てに言えますね。」
「そうそう。業者も品目も、社員情報なんかも全部だよ。」
「ソレジャ、それらが登録されてなかった時の対応を、全て再検討しましょう。」

システムの設計は、決して直線的には進みません。『同時並行的に少しずつ進めていく』と言った意味が、分かってもらえたかと思います。早い段階で手戻りしたのなら、むしろ喜ぶべきです。MF開発は、社員皆で気付きを得る為の方法です。実行のコツは、徹底的にユーザーの気持ちになる、メンバー同士で十分に話し合う、俯瞰的に考える、以上の3点です。

〜 1日1歩、3日で3歩、3歩戻って2歩進む (歌いながら次号へ) 〜

2003.03.29

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ