振り返る、の巻。

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第25回

振り返る、の巻。


ふう〜。かなりの字数を要してしまいました。バックナンバー13で、『物事の考え方について書く』と宣言してから、その説明にこれまでかかったことになります。ちょっと、今まで書いたキーワードについて、まとめてみます。

ヨウハ法(帰納法)、ソレジャ法(演繹法)、問題と症状、ナゼ×5、ミタイナ式コンセプト、マニュアル・ファースト開発(MF開発)、システム開発直接民主制、アジャイル・マニュアル、ソウ言エバ式オブジェクト指向。ざっとこんなところです。他にもあったような気もしますが。

中でも、MF開発については、多くの好意的なメールをいただきました。ありがとうございます。既にお分かりでしょうが、MF開発は、ユーザーとユーザー代表、そして開発者との間にあるミゾを埋める為の提案です。『システムはお上からあたえられるもの』、『ユーザーの要望は支離滅裂』といった、現状のプロジェクトが抱える問題点に対する、私なりの解決策の1つです。

システムを作るには、大変な労力が要ります。プログラムを書くことよりも、決めるまでが難しい。会議がシステムを作っているのです。そのコミュニケーションの技法が、MF開発であると言えます。

会社によっては、プログラマのいないところもあるでしょう。しかし、『マニュアルを作ってみよう』とすると、それなりのものが書けるはず。大工さんがいなければ住宅の施工は無理ですが、どんな家が欲しいかは、一般の人にも想像出来るはずです。それを行って欲しいと思います。

SEと一緒になって実行するのが理想ですが、ユーザーだけでも構わないと、私は思っています。プログラマによる、マニュアル細部のチェックは必要不可欠になりますが、どんなものが欲しいか明確になっている分、プログラマにとっても有難いはずです。

プログラミングは、非常に職人性の強い仕事です。技術の移り変わりも激しく、どうしても専門家に頼むことになります。その為、外注のし易さも考えて、設計とプログラミングを分離しています。同時に、見積もりの点も考えています。

システム開発の見積もりは、『KKD(経験と勘と度胸)』と言われています。21世紀に入っても、決定的な解決法はありません。大体、何を作るのかがハッキリしていないところで、見積もっても当たる訳がないのです。しかし、マニュアルさえ出来上がっていれば、かなりの精度で見積もることが出来ます。

当社は工事の施工をする会社ですが、『野球場を作って欲しい』という言葉だけで見積もりはしません。設計書をもらい、『ドーム球場では無いよね』と確認した上で、見積もりを出して受注し、施工に入ります。それと同じことです。

まあ、MF開発を取り入れたところで、開発に失敗する会社は失敗するでしょう。なぜなら、システム開発には組織力、会議力が必要なのですから。皆がそれぞれ勝手なことを主張し始めては、上手くいく筈ありません。言わばシステム開発とは、会社の結束力を測るリトマス試験紙なのです。

判断の連続であるプロジェクトを上手く乗り切るには、『ソウ言エバ』と『ヨウハ』と『ソレジャ』しかありません。モヤモヤとした気付き、そのポイントを言語化する能力、そしてそれをパターン化して適用。暗黙の了解を形式化し、業務システムへとまとめ上げるには、つまるところこれだけなのです。これは、問題解決の行為全てに当てはまります。皆で頑張ってみて下さい。

さて、『IT暴言』の今後ですが、とりあえず一区切り付きましたので、次回から再スタートします。詳細は未定ですが、テーマはこれまでよりも広めに、『小さな会社の情報活用』とします。開発のことも書きますが、それ以外のことも書きます。浮気性な私なので、どうなるかは分かりませんが、大真面目に遊びながら、苦しみつつも楽しんで書いております。よろしくお願いします。

2003.04.26

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ