正確という烈しい病

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第26回

正確という烈しい病


GWのある日、寝ながら、立花隆氏の本を読んでいました。そこで、『わが意を得たり』という表現にぶつかり、思わずニヤリと笑ってしまいました。フランスのある作家が、若くして筆を折ってしまった理由についてです。それは、『正確というはげしい病』にかかってしまったからだ、と書かれてありました。

その病気にかかるとどうなるか? 一切のアウトプットが出せなくなります。なるほど。考えてみて下さい。もしあなたが文章を書こうとして、細部に渡るまで全く論理破綻のない、正確極まる文章の執筆を目指したら? 誤読を防ぐ為の予防線だらけの文章になります。前提条件の定義だけに時間が費やされ、結局、何もアウトプットなしです。

言葉によるコミュニケーションなど、曖昧さの極み。考え出すと書けなくなる。しかし、立花さんは言います。職業によっては、この病にかかっていなければ出来ないものもあると。私に言わせれば、その職業の代表格はSEです。

『烈しい病』と書いてみたり、『はげしい病』と書いてみたり。些細な表記上のゆれにすぎませんが、こんな仕事をするSEはいません。プログラムをこんな風に書いたら、エラーで実行出来ません。どうでもいいような細部が気になる人種、それがSEです。(文章ってプログラムよりも気楽です。)

私も、かなりの面で『正確病』に冒されています。SEに限らず技術開発系は、プロセス型の人間です。なぜなら、結果を与えられ、その実現の為、プロセスを考えるのが仕事ですから。自然に、回りくどい細かいことばかり言う人間になってしまうのです。

TVのニュースステーション。プロ野球の試合結果が、合計点から先にスコアボードへと入ってゆく。これを見た時、私はめまいがしました。勝ち負けだけ分かればいいのか、プロセスはどうでもいいのか……。しかし、野球に特別な思い入れの無い人から見れば、これで十分なのです。かえって、分かりやすい。

私も、立場が変われば現金なものです。当社にも、ソフトメーカーから営業マンがデモにやって来ます。すると決まって、細かい機能を色々ゴチャゴチャと語り出す――こっちだって忙しいんだから、細かいところより、もっと導入の利点を、どーんと分かり易く語ってくれよ。機能なんかより利点だよ!――急に、結果重視の人へ豹変したりします。

ITベンダーにいたので分かりますが、営業の上手い人は、開発の出来ない人である場合が多い。細かいことが気にならないから、流暢に語ることが出来ます。私からは、デリカシーの無い人に見えます。両方ともうまくこなす人も中にはいますが、普通、人間は、向き不向き、得手不得手を持っています。

長年、1つの仕事を続けていくと、どうしてもその考え方に頭が支配されていきます。技術系は『正確病』を、非技術系は『ええじゃないか病』を発症する。病気の両者の溝は深く、お互いに相手を嫌悪し非難し始める。なんだか、よくある話しです。男と女、アメリカとイラクも同じじゃないでしょうか?

立花さんが著作の中で問題にしていたのは、理系と文系の乖離についてです。『両者、インテグレーション(統合)せよ!』と言います。よし、ITを使って、全社一丸となり情報共有しようじゃないか!――そんな単純にはいかないでしょう。まず私が思うのは、情報共有の目的には、『創造型』と『改良型』の2つの方向性があること。それに、組織設計の重要性です。

最近の業界で語られていることは、『改良型』の色彩が強いように思います。私は妻とインテグレーションして、息子を創造しました。今のニッポンに必要なのは、改良よりも創造のような気がしますが。それと、北朝鮮。歪曲のない情報共有などありません。今の会社組織が、情報を上手く扱えるものかどうか。

どんなもんでしょう? ま、正確病にかかった頭で、じっくり考えていきます。

2003.05.10

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ