考えてる人、頭のいい人。

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第27回

考えてる人、頭のいい人。


米国のIBMのオフィスには、『THINK!』と書かれた標語が貼られているそうです。が、これは管理職クラスの話し。一般社員のオフィスには、それとは別に、『NO THINK!』と貼られているそうです。

前に読んだ本からの孫引きです。今どうなのか、また、真偽のほども分かりません。しかし、「アメリカらしくもっともらしい話し」と私は感じました。管理職クラスが、情報収集と緻密な思考の上で戦略を決定する。部下はその実行に勤しむ。日本のように、うやむやのうちに事が進む集団的組織とは違います。

もし、日本企業のオフィスに標語を掲げてみたらどうなるでしょうか? 転職経験2回、顧客先でのシステム開発経験10社前後。決して多いとは言えない私ですが、なんとなく分かってくることもあります。日本の場合、管理職クラスには『NO MOVE!』、一般社員には『MOVE!』ですね。『考えろ』というキーワードはきません。『動け』がくると思います。

もちろん、全ての会社がそうだとは言いません。変革の時代ですから、日本の企業も変わってきているはずです。しかし一般的に、日本人は依然として思考が足りない。頭は悪くなく、現場力もあるのに。これは、ITベンダーから小さな建設業の社内SEに転じた、私の素直な感想です。

考えている人と、頭のいい人は違います。考えている人は、思考している試行中の人です。頭のいい人は、結果を出す為のノウハウが出来上がっている人です。脳内にそのプログラムがあるので、反射的に答えを出すことが出来ます。『大脳思考型』と『小脳反射型』と言い換えるとピンときます。

自動車教習所の例です。初めはブレーキもアクセルも分からなかった人が、怖い教官に怒られながら、少しずつ上達していく。この、まだぎこちない段階は、大脳を使って考えている状態です。情報(教官の動作等いわゆるお手本)を最大限に大脳で処理し、脳内に新回路を作ろうと努力している状態です。

少し我慢して続けると、慣れて自然に出来るようになります。赤信号でブレーキを踏み、青に変わればアクセルを踏む。コツが体で分かり、無意識の内、反射的に出来るようになります。実はこれ、小脳の中に運動回路が確立された状態のことです。大脳を使って考えていないので、素早く動けるのです。

技術の習得とは、小脳の中にプログラムを作り上げることです。慣れるまでは大脳、その後は小脳。数学の難問にトライする時は大脳、目をつぶっても使える箸などは小脳です。スポーツなど考えていたら負けます。小脳での勝負です。ま、私など慣れてますから、クルマは目をつぶっても運転出来ますけどね。

人間も組織も、時間の経過と共に、大脳思考型から小脳反射型に変わっていきます。あなたの会社に、小言がうるさいだけの上司がいませんか?――そんな頭ごなしに否定しなくても、少しは検討してくれたっていいじゃない――これ、小脳反射型組織の特徴です。有益かもしれないせっかくの情報を、過去の経験から反射的に、『無益!』と決め付けてしまっている!

慣れて頭が良くなると、思考しなくなる。未踏領域に挑んでいた起業当時と違い、ノウハウが確立し安定するにしたがって、変えたくなくなる。皮肉です。

ちなみに、私の専門であるシステム開発の話しです。プロジェクトは、組織が小脳反射型になってから始まります。起業当時は大脳思考型ですが、この段階はシステムどころではありません。安定してスピードアップを目指す頃、システムが必要とされます。安定期に創造的な仕事が求められるこのギャップ。業務改革が不十分で、費用対効果の低いシステムが出来てしまう理由の1つです。

日本はこれまで、考えなくても十分でした。中小は大企業の下請をすればよく、大企業は欧米の真似をすればよかった。が、もうそれじゃダメです。大きくても、小脳しか働かせてこなかった恐竜は死滅しました。これからは、小さくても大脳が使える哺乳類の時代です。『THINK&MOVE』でしょう!

2003.05.17

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ