頑張らない

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第28回

『頑張らない』


私の暮らす東北の片田舎では今、とんでもないことが起きています。工場という工場が、軒並み閉鎖もしくは人員削減。とにかく悲惨な状態です。はっきり言って、日本の製造業はもうダメですね。隣で中国が口を開けて待ってます。

「お前はいいよな。システム室から、気楽にボーゲン吐いてるだけだろう。」

製造業に従事される方、気を悪くなさらないで。私も皆さんと同じ立場です。今は零細建設業で社内SEをしていますが、以前はITベンダーに勤務しておりました。そのシステム受託開発の世界でも、日本は落日を迎えつつあります。

インドです。『ゼロ』を発明した国から来たSE連中と、純粋な数学的思考能力だけで勝負したら、日本人に勝ち目はありません。仮に日本のSEが同じ生産性を叩き出したとしても、価格の面では絶対負けます。誰が何処で開発しても結果が同じなら、当然、安い方へ発注されます。

『大脳思考型』『小脳反射型』と、前回、書きました。日本はこれまで、小脳反射型でした。要するに、モノを作るスピードが勝負だった。インドや中国を相手にしたら、スピードやコストでは勝てません。日本が昔、米国のモノづくりをやっつけたように、今度は我々が、同じ手でやっつけられる番です。

誰が何処で作っても同じモノはもうやめて、我々がここで作らなくてはいけないモノを、作るしかありません。他社と同じモノを作ると、際限ない競争に巻き込まれます。差別化した新商品で、ヨソが指を咥えて見ている間にシェアを確保し、高い障壁を築いてしまうことです。これからはアイディアで勝負です。

日本人は創造性が低いと言われていますが、そんなことはないと思います。歴史に残るような大発明を求めている訳ではないのですから。ただ、創造がしにくい環境であるとは言えます。人間や組織が、小脳反射型になっているとダメですね。とりあえず、以下、ブレーンストーミングの4原則です。

1、批判厳禁。アイディアの批判は絶対ダメ。他人のものも自分のものも。
2、自由奔放。良い悪いを判断せず、色々な角度から、まずは発想する。
3、質より量。思いつきでいいから、とにかく数を出す。
4、便乗する。他人のアイディアをヒントに、また発想する。

ご存知でした? この原則をきちんと守って会議をしている会社が、一体、日本に何社あるでしょうか。ウチの会社はダメですね。技術のスピード競争だけの時代は、それでも良かったのです。立派な小脳を持つ人が、自分の経験を中心に、指導していればよかったから。でも創造の時代になるとねえ……。

日本人には変わり者が少なく、独創的なアイディアは出ない――とも言われますが、はたしてそうでしょうか? 色んな業種の人と話しをしてきた私から見れば、日本人全員に共通する常識なんてありません。皆、一人一人が異人であり変人であり変質者です。会社であなたの隣に座る人が、すごいヒラメキを持っていることだってあります。まずは、ペルソナ(仮面)を外してみましょう。

思考は、自分の力の無さを自覚し絶望した瞬間から、始まるものだと思います。例えばあなた、街角でボブ・サップに絡まれたらどうします? 普通に戦ったら殺されます。頑張ってもダメな時、真正面からぶつかっても勝ち目が無い時、大脳で考えるしかありません(とりあえず『ぷっちょ』渡して逃げるとか)。頑張ってもダメな時は考える。これからは『頑張らない』がキーワードです。

でもな、日本人の場合、強敵相手にぶつかって、桜の花のように散る美学があるからな。しかしこれって、単なる思考停止のことだよなあ。

(お礼)以前、『マイフォント』というフォント作成サービスを照会したところ、なんとテクノアドバンス様から特別に頂戴いたしました。ありがとう御座います。このマイフォントにみられるような発想が、重要なんだと思います。同僚からは、『メルマガ界のわらしべ長者』と冷やかされています。感謝。

2003.05.24

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ