HOWの賞味期限

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第29回

HOWの賞味期限


HOWは書かない!――私が、当コラムのスタート時に決めた制約の1つです。単純なハウツウものにはしないと決めたのです。バックナンバーの中には、ハウツウ色が濃厚な回もありますが、製品情報に代表されるような単純ハウツウは、ほとんど書いてません。それは、ハウツウは陳腐化し易く流動的、なので。

極力、普遍的な内容を書くように心がけています(あくまで主観)。読み捨てられやすいメルマガの特性を無視し、エバーグリーンを目指す無謀なコラム、それが『IT暴言』です(今後もひとつ御贔屓に)。

さて、情報には賞味期限があります。適用可能な範囲もさまざまです。「情報活用するなら、その点をしっかり考えるべし!」というのが、今回の内容です。

工事業界の例です。『歩掛(ぶがかり)』という言葉があります。一言で言えば、『工事で使う資源の標準数量を定義したもの』です。『100メートルの舗装工事を行う為には、作業員がN人、材料がNキロ、機械がN台必要』と、予め決めておきます。これが歩掛。施工のマニュアル、とも言えます。

あれば便利です。経験の浅い現場監督にも、施工計画が描けるようになります。市販ソフトの中には、『自社歩掛作成機能』を目玉にしたものもあります。しかし、過去の施工実績から自社歩掛を定め、全社標準的にそれを有効活用している会社を、残念ながら私は聞いたことが無い。

なぜでしょうか? 「自社歩掛を整備し、若手を育て、競争力をつけたい」と、各会社の管理者の方はおっしゃいます。だが、現実には出来ていない。嗚呼、幻想の自社歩掛。それは、面倒臭いからです。労多く益少なしの典型なんです。

ここで、これ以降の説明の為、バックナンバーを2本お読み下さい。対象は、『6・パンツ、ズボン、コート』と『23・内部の話し』です――(ふむふむなるほど)――では、再開します。

情報にも層があります。これを3層に分けて考えます。WHY層、WHAT層、HOW層です。最下層がWHY(なぜ)、中間がWHAT(なにを)、表面に露出しているのがHOW(どうやって)。上の層ほど流動的なんです。しかし悲しいかな、情報と言うと、まずはHOWを想像してしまいます。

歩掛の例を解説すると、そもそも適用範囲が狭く賞味期限の短いHOW情報を、固定しようとしている点に無理がある。文書などへ定着させたとたん、古くなり始めます。すると、鮮度を保つ為の更新作業が必要になる。新しい施工技術も生まれ、最良の方法は変わっていきます。それに、多種多様な現場の情報を全て集めて、普遍的な定義をすること自体が難しい。

今の管理者クラスの方は、スパルタ式で鍛えられたのでしょう――まいったよ親方には。言うことが毎回違うし、2回聞くと殴られるし。これからの若いヤツらの為に、しっかりとしたマニュアルを作ってあげてえよなあ――気持ちは分かります。しかし、HOWの流動性が高すぎる部分を、形式知化しようとは考えないこと。親方の脳内で暗黙知のままだった方が、更新作業は早かった。

それでもどうにかしたいと思ったら? 『DO(実行結果)に対する検索性を上げてやること』。完璧なマニュアルを用意してあげることではありません。

過去の施工計画書、予算書、日報などの情報を、誰もが閲覧出来るようにして置きます。すると、経験の浅い人も、類似した現場を探し出して、施工計画を立てられるようになります(初めは真似です)。管理者が、自分の暗黙知を加えてチェックをしてあげれば、なお良し。社員教育がねらいなら、まずは情報公開、そして、それを元に考えさせることです。

まとめます。HOWは生もの。古いHOWを無理やり押し付けると、若者は食中毒をおこします! ご注意下さい(6月ですしね)。さて次回は、会社組織におけるWHYとWHATについて書きます。エバーグリーンでお届けします。

2003.05.31

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ