BEHIND・THE・MASK

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第30回

BEHIND・THE・MASK


前々回、「会社の創造力を高める為に、皆がつけているペルソナを外すべき!」と書きました。今回は、その外し方について考えてみます。

この『ペルソナ』という言葉、ご存知の方も多いと思いますが、心理学で使われる用語で『仮面』を意味します。人間は、社会に適応する為にペルソナを付けています。私にも、『SE』や『ITボーゲニスト』というペルソナがあります。皆それぞれ、社会や会社の中で要求される役割があり、それに答える為、仮面をつけて演じている訳です。素の自分とは少し違うのが普通です。

日本は、『ペルソナプレッシャー』が非常に強い国だと思います。社長は社長らしく、社員は社員らしく、女性は女性らしくしていなくてはならない。とにかく窮屈です。それを取り除けば、インド人もアメリカ人もビックリの発想が、きっと小さな会社からも生まれるはずだ、というのが私の考えです。「おたくに発注する仕事はもうないよ」と、ただツブれる会社にはしたくないですし。

そこで、ペルソナの外し方ですが、実はもう既に書いています。第17回の、『ミタイナの翼』がそれです(ご一読を)。コンセプトを共有することの重要性について書いた回ですが、これがそっくりそのまま当てはまります。

私に言わせると、日本の会社は『一緒なふりしてバラバラ』です。それに対し、メディア等で見聞きするアメリカの会社、もしくは、日本国内でもシステム開発のプロジェクトチームなどは、『バラバラなんだけど一緒』です。両者の違いは、活動のコンセプトがハッキリしているかどうかです。

アメリカ人は、ビジョンやコンセプトの創出が上手いと言われます。これは、そうしないとまとまらないからです。同じ国民であっても、人種も宗教も違う人々のあつまりですから。ビジョンがなければ、皆、バラバラなことをし始めます。それに対して日本の場合、基本的にはモノカルチャーな人々の集まりですから、ビジョンなどなくても、一応は阿吽の呼吸でまとまっていられます。

しかし、つけている仮面を外したらどうなるか? 思っていることは皆バラバラ。会議の席では顔を潰さないように黙っていてやったが、腹の中では……。こんな話しばかりではないでしょうか。これ、もうやめましょう。同じ制服を着て、同じ給料をもらっているから、考え方まで一緒なんて乱暴すぎます。

意見は違っていていいんです。ですが、目的だけは合わせましょう。『バラバラで一緒』の組織、チームを目指すべきです。ちなみに、これまで私が関わってきたプロジェクトの場合は、多くの専門職が参加しますので、『皆が異人である』といった共通認識が前提としてあります。ゆえに、目的の統一とコミュニケーションには時間を割きます。当然ですが、それがないとまとまらない。

さて、「会社の活動におけるビジョンとは一体何か?」となりますが、これは、経営理念や社是などがそれに当たります。小さな会社の場合、無い場合が多いでしょう。あったとしても、『顧客第一主義』などと、陳腐でおよそ考えているとは思えないようなものばかりです。残念ながら、当社にもありません。

「会社が、なぜ(WHY)何の(WHAT)為に存在するかを、定義したもの」、これが必要です。この目的からズレてなければ、どんな意見を言っても、どんな新事業を企画しても構わないのです。流動的なHOW(技術面)のマニュアル化より、WHYとWHATを明文化するほうが先です。技術がなければ今日のメシは喰えませんが、理想や目標がなければ未来のメシは喰えません。

今回は最後に、ソニーの言葉を引用して終ります。設立当時のチビ会社だった頃から受け継がれています。このおかげで、変人の多いといわれる会社が、明快なコンセプトを持つ製品を、沢山、送り出せるのだろうと思います。

『真面目ナル技術者ノ技能ヲ、最高度ニ発揮セシムベキ、自由豁達ニシテ愉快ナル理想工場ノ建設』――井深大さん、偉大です。日本も捨てたもんじゃない。

2003.06.07

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ