立って座って酒飲んで

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第31回

立って座って酒飲んで


齋藤孝さんの『会議革命』は読みました? 会社の情報活用力を上げたいと思っている方にオススメします(私のHPにあります)。齋藤さんのマッピングコミュニケーションは、新型のグループ別ディスカッションです。2人1組で、紙に書き込みしながら行います。小グループに分かれて話し合うと、「他の組に負けてられるか」といった競争心から、良いアイディアが生まれるものです。

前の会社で、私が新人だったころの話し。『プログラミングの生産性向上』をテーマに、いくつかのグループに分かれてディスカッションをしました。すると、同期のM君が『3色デバッグ』というグッドアイディアを出しました。

「プログラムを最低3回チェックする。その際、3色ボールペンの色を切り替えながら、リストに朱書きを入れていく。3回で完璧なプログラムにしようと思えば、大抵は上手くいく!」

補足しますと、プログラムの間違いのことを『バグ』と言い、バグを取り除くことを『デバッグ』と言います。開発ツールが貧弱だった当時は、今以上にリストでのチェックが重要視されていた時代でした。

「机上でしっかりチェックを!」とは、皆、耳にタコが出来るほど聞いていました。しかし、このままでは「頑張りましょう!」と同レベルの単なる精神論。そこに具体的なカタチを与えたところが、なんとも素晴らしい発想でした。

さて、会議の方法についてですが、これはとにかく工夫しないとダメです。小学校の学級会みたいな演出では、アイディアなど出なくて当然です。会議をするのが目的ではないのですから、形式にはとらわれなくても大丈夫です。ファシリテーター(会議の準備・進行役)は、きちんと準備をする必要があります。

準備と言うと、芝居の用意をする人がいますが、これは最悪です。「意見も出ないし、まとまらないから…」と、事前に内輪の人間へ台詞を渡し、台本通りに進行するだけの会議。これは、ファシリテーターと言うよりも映画監督です。台本をコピーして皆に渡せば、会議をする必要は無くなります。意見の出やすくなる舞台を考えることが、ファシリテーターの仕事です。

立ってするパートと座ってするパートとに、会議を分けても面白いですよ。立ってするのは、新商品のネーミングなどの、瞬間的にメタな発想が要求されるような時。逆に冷静な判断を優先したい時は、座ってじっくりと行う。

椅子から離れた瞬間、ピカッとひらめいた経験はありませんか? 歩くことは、脳に良い刺激を与えるのだそうです。流行の『XPプログラミング』では、立って行うミーティングが奨励されています。まずは立ちながら、ホワイトボードの前でワイワイガヤガヤとアイディアを出す。座ってから、出たアイディアの中から候補を絞り込んでいくなど、方法はいくらでも考えられるはずです。

私が今欲しいのは、マッピングコミュニケーション用のホワイトボードです。同僚と打ち合わせをすると、書き込みがいつも紙からはみ出してしまう。腰元ぐらいの高さにホワイトボードがあって、製図版のように傾斜していれば書きやすいんですが。プリントも出来れば最高です。垂直のホワイトボードは、プレゼンテーションには向くんですがね。ホント、誰か作って下さい。

グループ別ディスカッションをするにしても、私のようなオチャラケ役を1人混ぜておかないと、なかなか盛り上がらないものです。前の会社では、その辺の配慮がなされてました。M君はあまり前に出るタイプではありませんでしたが、そんな舞台演出のお陰で、3色デバッグは世に出たのです。

酒を飲みながらやっても良いと思いますよ。昔はよくやってました(なんちゅう会社じゃ)。M君が素晴らしかったのは、具体的な方法論(HOW)へブレイクダウンしたところ。会議の方法にも、なりふり構わぬ工夫が必要だと、私は思います。最高のアイディアが出て、最高の決断が出来れば、会議は成功なのですから。カタチなんてどうでもいい。

2003.06.13

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ