CODE・IS・TATTOO

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第32回

CODE・IS・TATTOO


今回は『コード』のお話しです。社員コードや伝票番号などを、どのような体系にすべきか? 結論から書きますと、コードはタトゥ−です。情報を識別する為のイレズミです。途中で変えたくなるようなコードは、情報処理の原則に反しています。そんなコードは、大至急、見直しましょう。

「んな、アホな。コードは『一意で不変』にしとくのが常識じゃない?」

そうです。が、私はこれまで、その常識が無い会社を何社か見ています。非常識なシステムの修正作業を、何度かさせられています。そこで、あえて常識を書くことに決めました。

では、非常識なコードの実例。私の出た某大学の学籍番号、『862043』というコードが、非常にマズイ! 実はこれ、いろいろな情報が読み取れる、便利この上ない体系をしております。上2桁の『86』は入学年度を表します。中2桁の『20』は学科、経済学科を表しています。そして最後の2桁は、学科内での通し番号。50音順で名前を並べると、私は43番目でした。

良くあるパターンです。コードを決める時、大抵の場合、桁毎に何らかの意味を持たせます。専門的には『表意コード』と言われますが、中にはマズイ表意方法もあるのです。

『862043』がマズイのは、学科を変わった時の考慮が不足している点。3年進級時に、10名ほど学科を変わる学生がいました。すると、中2桁を新しい学科の番号に変えたくなる。そして下2桁も、50音順で振り直して欲しくなる。「オレはスズキだぞ、ちゃんとした順番へ入れてくれよ!」

変えなければイイんです。学籍番号は入学時点のままとしておけば、学生証再発行などの、余計な作業は発生しない。しかし、意味が読み取れるようになっているものだから、ついつい変えたくなってしまう。これ、情報システムの場合は、コード変更の専用プログラムが必要になります。授業料納付や成績などの学生に関する情報は、学籍番号で関連付けられて管理されていますから。

もちろん、それを想定してシステムを設計しておけば大丈夫です。しかし、安易な気持ちでコードを決め、年に1回だけ、それも数人の為だけにしか使われないプログラムを開発しているケースの、なんと多いことか。このような、余計な作業を生む表意コードのことを、私は『意味深コード』と呼んでいます。

探すと、身近なところにもあります。郵便番号も意味深コードです。先日、近くで郵便番号の変更がありました。所轄の郵便局が変わったからだそうです。『場所』が識別出来ればよいだけのコードに、なぜ『担当郵便局』という属性情報まで持たせているのか? ホント、情報処理の原則に反しています。

しかし現実的には、なかなか難しい面もあります。「場所を表すには?」と考えて、北緯と東経を組み合わせて『40140』としておくとか。これだと、大地殻変動が起きない限り大丈夫です。でも、ダメでしょうね。分かり難い。

結局、コードを読むのが人間なので、絶対的な合理性の追求とはいかないのでしょう。それと、日本人の語呂合わせ好きが影響しているような気もします。『1192(いい国)』とか、学校で習いましたからね。車の希望ナンバー制にしても、数字を溺愛する国民性が見えると思います。私もなぜか、『69』や『48』という数字には、異常興奮してしまいます。

まとめ。コードは、情報を一意に特定出来るような、不変の番号にしましょう。 表意コードを使う時は、細部まで想定したシステムの設計をして下さい。後から修正を施すのは、とても面倒です。そこんとこ4649!(ヨロシク)

(無意味)ロシアの『t.A.T.u. 』。なんとも意味深な2人娘です。

2003.06.22

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ