静かな会議

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第33回

静かな会議


『問題点はカードで集めましょう』と遠い昔に書きましたが、今回はその理由について書きます。一言で言えば、口頭での普通の会議では、意見が出ないからです。これはズバリ、日本語の問題です。日本語は会議用に出来ていない、それも特に論理性を重視する会議には向かない、と私は考えています。以下は、日本語の特徴です。
  1. 主語がはっきりしない。主語なしで話すことが多い。
  2. 肯定か否定か、瞬時に判断がつかない。語尾まで聞いてやっと分かる。
  3. 長文は意味がとりにくい。複文の場合は、なおさら。
  4. 同音異義語や漢語、外来語が多い。書かないと、区別が出来ない。
  5. 複雑な敬語のシステム。相手との関係によって、表現が大幅に変わる。

挙げ出すとキリがないのでもうやめますが、日本語は、情緒的ではあるが論理的とは言いがたい。これは、英語との相対的な比較です。言葉だけの問題とは言えないのかもしれません。言語が単独で存在しているのではなく、文化とも密接に関係している訳ですから。しかし、私は金田一春彦でもないので、とりあえず、日本語の問題として話を進めます。

まず1番目。主語の問題。私の意見なのか、皆の意見なのかを明確に区別せず、その場の空気に合意するのが日本流。議論をし尽くした後に、「甲は乙に…」とした書面の契約を重視するのが欧米。なんとなく決まってしまう会議をするのには最適です。

2と3については、日本語の語順の問題です。4についても、仕方ありません。意味をとりにくい日本語の構造ですが、紙に文字で書けば少しは解消されます。

5番目。ウチとソト、上と下といった、他者との関係を常に気にする言語で、はたして自由闊達な会議が出来るものでしょうか? 私は無理だと思います。下の人間が相当な気遣いをする必要があります。日本の会議は、『どんな意見なのか』よりも、『どの階層の人間が出した意見か』が優先されるのです。

1と5が諸悪の根源かもしれませんね。会議で発言する人は、『我々』という主語で語る資格を持った人たちだけです。いわゆるエライ人。エラクない人には、意見を言わせないようになっています。

日本の役職名は、全てに『長』が付きます。社長、部長、課長。この『長』は一体、何でしょうか? 長老、すなわち『おさ』という意味なのでしょうが、長くいるというだけで課長になられたんじゃ困ります。責任者や指導者であれば良いのですが、「長いものには巻かれろ」なんて言葉も日本にはあります。

最近の若い人たちは、発言の仕方が上手くなってきました。「ワタシ的には○○と思います」というあの言い方。突っ込まれない為の予防線ですが、本来、意見というものは私見なのであって、主語が付いていて当然なのです。その多数ある私見の中から、最も合理的なものを採用すれば良いだけです。

もう20年もすれば、皆々が英語のように主語を付けて発言し、きちんとした会議になるのかもしれませんが、今、どうにかしたいと思ったら、カードを使った文字主体の会議をお勧めします。

問題点を書き出してもらい、ホワイトボードに張り付けていく方法は、ITコンサルタントがよくやる方法です。また、ドイツ人が考案した、カードによるブレーンストーミング、『ブレーンライティング』もあります。ポストイットなどの便利な道具を使って、楽しくやって下さい。

カードの利点は2つ。誰が言ったか分からなくなるので、純粋な意見の善し悪しだけで選ぶことが出来ます。それと、記録性です。話しただけでは、空中に消えてしまいますから。その反面、口頭でのコミュニケーションに比べて、レスポンスは若干低下します。ここは仕方のないところです。

なんだか日本人をやめたくなってくるような気分です。が、短所は長所の裏返しと言われます。論理性が弱いということは、逆に利点にもなりえます。そこは次回書きましょう。

2003.06.29

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ