プログラマとオペレータ

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第34回

プログラマとオペレータ


論理力を鍛える為に、英語を勉強した方が良い。いや、ディベートを学ぶべきだ!――勉強ブームの今、色々と言われていますが、私の考えは違います。そんなものより、プログラミングを勉強する方が良い。英語やディベートが無意味だとは言いませんが、もし、水も漏らないような精密な論理性を獲得したいと思うのなら、プログラミングに勝るものはありません。

プログラムが書けると便利です。これまで他人に頼んでいた事務的ルーチンワークも、自分で出来るようになります。それに、プログラムは書けなくても、プログラマの思考だけは持っていてほしい、と私は思います。最近になって分かりましたが、世の中、圧倒的にオペレータ型の人が多いです。

では、そのプログラマの考え方とは一体何か? 一言で言えば、『メモだけで相手に完璧な仕事の依頼をすること』。これにつきます。事前の指示だけで、作業者に『処理をさせる』感覚です。逐一、自分が判断して指示を下す機械のオペレータとは違います。リアルタイムに『操作する』ではなく、いっぺんに『処理をさせる』感覚です。

文字が読めるようになったばかりの子供に、カレーの材料の買い出しを、メモで頼むケースを想像して下さい。子供は常識がありませんので、ルーだけ5個も買って来たりするかもしれません。よって、数量は正確に書く。サツマイモを買ってくる場合もあるので、きちんと『ジャガイモ』と書いておく。陳列棚の位置が分からないと思われる時は、その場所も明記して渡す。

「そんな、面倒だ。毎回、アレとかソレとか指示してた方が楽だ!」

そうですね。子供にスーパーから電話をかけさせて、その都度、「人参は右だ」と、遠隔操作した方が楽かもしれません。しかし、事前にメモ(プログラム)を渡しておけば、後はだまっていても材料が手に入るのです。苦労は事前に、楽は後で。その為に事前のシミュレーションをする。これがプログラマの思考。

この考え方に、日本人は慣れてません。仕事の指示者は、大抵、目上の人ですから、立場を利用してアレとかソレとか曖昧にやってたほうが有利なのです。当社の工事部を見ていると、よく分かります。年功序列型の体育会系的社会の特徴ですね。完成形の見えていない上司から、場当たり的に、EXCELの作業などを延々とさせられています。はっきり言って、若手は悲惨です。

もちろん、仕事は単純ではありません。その場面毎に、判断が必要となります。しかし、作業の方針自体が揺らぐことがあってはマズイ。また、概要レベルのメモを渡す場合は、その旨を事前に明らかにしておけばよい。そうすれば、作業者は細部を考えて工夫します。上手に考えてもらう為には、確固たる方針が指示者と作業者との間で共有されている必要がありますが。

そして、そんな時にこそ、日本語のオーラルコミュニケーションの出番です。言霊の力を借りて、「なんとか、よろしく頼む!」と、作業者のモチベーションを高めるような一言をかけてあげます。感情面のケアをしてあげるのです。『論理は文書で、感情は口頭で伝える』のが、賢い使い分けだと、私は思います。日本語は、論理性より情緒面が優れていると言われていますから。

それと、あまり論理ばかり鍛えてもダメです。「プログラミングに論理を学べ」とは矛盾しているようですが、論理の行き詰まりを打開するには、非論理なヒラメキが重要なのです。プログラムの間違い探しには、勘も必要です。直線的思考だけではダメで、たまには横道へそれてみること、ですね。

よくいませんか? 「オレがいないと、会社は回らない!」なんて言っている人。典型的なオペレータ、人材育成の観点から見ても問題です。プログラマ型の私は正反対。自分がいなくても組織が上手く回るようにと、自分をクビにする為にプログラムを書いています。共同作業をする時は文書中心。これって、作業者を優秀な『コンピュータ』として信頼していることなんです。

2003.07.06

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ