スパゲッティに至る旅路

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第35回

スパゲッティに至る旅路


祖母の三回忌に行ってきました。ミーハー的仏教徒の私も、その日ばかりは神妙な気持ちになりました(注・祖母が寺の生まれなんです)。人間、上り坂の時は何も考えないが、誰もがいつかは直面する『死』という問題。今回のテーマは『システムの死について』。業務システムの終焉を考えてみます。

まずはデータの死。当社で使っている請求書発行ソフトは、なんとデータ削除の機能が無かったんです。日に日に処理が遅くなり、請求書発行に10分も待たされるようになりました。長年使うなら、削除機能は絶対必要です。関連したデータを、ひとまとまりで削除するようにします。例えば、「3年以上前の工事データ全件」などです。社内で運用ルールを決めて、行って下さい。

このソフト、当社の業務スタイルにも合っておらず、作り直すことに決めました。プログラムが『スパゲッティ』になっていたので、修正するのは諦めました。しかしここで面白い発見。人間もシステムも、死ぬ前はスパゲッティになるのですね。生命維持装置につながれた半死人のことをスパゲッティと言いますが、ぐちゃぐちゃで読みにくいプログラムのこともスパゲッティと言います。

長年使われたシステムは、度重なる修正によって解読不能となり、最後は捨てられてしまいます。当社のケースも、使用期間が短かった点を除けば、まさにそのパターン。我々プログラム書きというものは、綺麗で読みやすいプログラムを書くよう教育されているものなのです。

最近、『オブジェクト指向』という、プログラムの徹底した部品化が唱えられています。個々のプログラムが完全な規格品になっていれば、サイボーグが不良部品だけを交換して永遠に生き続けるように、システムの保守性は向上し、寿命も長くなるはずだ、といった考え方です。

しかし、「ちょっと待てよ」という気もします。オブジェクト指向で作られたシステムが、30年持ったという実績はまだ無い。大体、コンピュータのビジネス使用はまだ30年程度。当社のような零細企業では、せいぜい10年程度です。理論上素晴らしいのは分かるが、実際どうかはまだ分からない。

そして、もっと怖いことも考えられます。例えば、ソフトの寿命が来る前に、ハードの寿命が来たとか。さらに、もう1段考えを進めて、会社の寿命。いくら社内のシステムが部品化されていても、会社という社会の部品が、存在意義を無くしてしまったらどうなるのか? 要するに、倒産ってことです。

もとい、会社自体の存続は可能ですね。会社は単なる入れ物だから。むしろ、会社の行う『事業』と言うべきでした。実際、事業の寿命は短くなる傾向にあります。60年代には30年程、90年代には20年ぐらいもっていたものが、2010年には、10年程度に短命化するという予測もあります。地球が爆発したら人類は滅亡してしまうように、事業が死んだらシステムも無意味です。

こんな時代には、どんな業務システムを作ればいいのでしょう? せっかく開発しても、ほんの数年でおシャカになってしまうとは、むなしくなってきます。

業務のコア部分以外は開発しない、と決めることでしょうね。経理など汎用性の高い部分は、パッケージソフトを買ってきて、業務をそれに合わせる。あとは、EXCELなどのちょっとしたプログラムで当座をしのぐとか。それと、永遠の高度成長はないんだと、心に留めておくことでしょうか。ゆく河の流れは絶えずして万物流転する、といった仏教的無常観で変化に備えることですね。

どうせ使い捨てなんだから――と考えると、プログラムもスパゲッティでいいのかも。構造化もオブジェクト指向もいらない。しっかりしたドキュメントも不要。素早く、そこそこに出来れば良い。自社専用システムに対する幻想は捨て、社内でチョコチョコと作って使うのが、これからは賢いのかもしれません。

なんだか、開発する気力を無くしてしまったな、オレは。とりあえず、今日は飲みにいくことにします。スパゲッティ喰うのはやめておこう。

2003.07.13

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ