コンピュータは人である!

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第36回

コンピュータは人である!


「コンピュータは人である!」と言うと、かなりの違和感があります。しかし、会社の業務にコンピュータを役立てようと考えた時、『人間』と同じ『資源』として見たほうが、理解しやすいように思えます。

「何いってんの。コンピュータなんてさ、所詮は単なる道具でしょ。」

私もこれまで、この言葉を好んで使ってきました。でも、最近はイヤになった。皆が使うようになったからです。人間には劣るものの、コンピュータほど汎用性の高い道具はありません。その点で、単純に道具だとは一蹴出来ないのです。

思うに、『コンピュータ道具説』を唱える人々の大半は、ワープロやら表計算ソフトを、普通に使っているだけではないのか? 『文書清書機』や『電子集計用紙』としてだけなら、昔のワープロ専用機とどこも変わっていない。これだと、ノコギリやドライヤーなどの、単機能道具と一緒です。

組織としての仕事があり、その遂行の為に人間とITという資源がある、と考えましょう。『コンピュータを雇って仕事をさせる』と考えてみるのです。人を仕事につけるには、まずはその人物の適性を知る必要がありますね。では一体、『IT君』とはどんな人物で、どの方面に能力を発揮するのでしょうか。
  1. 編集(エディット)。ワープロや映像など。何度でも編集が出来る。
  2. 伝達(コミュニケーション)。ホームページやメールなどで距離を越える。
  3. 記憶(メモリ)。大量の情報を記憶する。検索も容易。
  4. 処理(プロセッシング)。集計などの、いわゆるデータの処理。

大体、この4点に集約されるはずです。実際の職種で言えば、順番に、クリエータ、営業と広告、秘書、事務屋の仕事です(かなり強引)。こうやって見ると、肉体労働は出来ないものの、かなりつぶしのきく人ではありますね。ただ、融通のきかない新入社員です。頭はいいので、ものすごく仕事は早いですが。

ワープロなどの文房具的活用は1番に当たります。2番までは、割とイメージしやすい。用途が限定的で、まさに人間に使われる道具といった感じがします。しかし、3・4番になってくると、なんだか分かりにくくなってきます。社内の、どの業務に使ってあげたらよいのか? 実は、ここをしっかり考えることが、システム構築の第一歩といえます。

しかし、残念なことですが、3・4番については、小さな会社になるにしたがって、効果が出にくくなります。この点を意外と分かっていない。100万件のデータでも、10件のデータでも、処理をするのに必要となるプログラムの行数は同じ。ゆえに、データ1件当たりの開発コストを見れば、大量データを抱える大企業の方が圧倒的にお得なのです。

各種メディアで、小さな会社のIT導入事例をよく見ますが、効果をあげているところは、大半が1・2番の活用です。『新しい編集ソフトの導入で納期を大幅短縮』とか『ホームページを作って販路を全国に拡大』とか。

3・4番での成功事例は、あまり見かけません。やはり、難しいのだと思います。大企業の事例も、お手本にはなりません。業務のどこに役立てるのかを、自分達でしっかり考える必要があります。私の実感では、小さな会社のシステム開発の方が難しい。単純な時間短縮効果が出にくいんですから。

九州の建設会社で、工事原価管理ソフトを開発し、販売している会社があります。遠路はるばる当社にも営業に来ましたが、聞いてみると、社長自らプログラミングを学び、ソフトを試作したのだそうです。お仕着せではない、3・4番の活用をしようと考えた場合、その姿勢は大切なことだと思います。ちなみにその会社の場合は、コンピュータを現場事務員に教育(開発)したのですね。

何に向くのかを知らないことには、使いこなすのは難しい。人もコンピュータも同じです。でも、感情のない分だけ、コンピュータの方が扱いやすいです。

2003.07.20

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ