フライは誰が捕る?

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第37回

フライは誰が捕る?


「仕事は忙しいヤツに振るのがコツ」と、言われます。仕事は、能力の高い人に集中するのだそうです。ヒマな人は、能力が無いから仕事が回ってこないのであって、そんな人に仕事をまかせても良い結果は出ないのだ、と。

「そうか。オレが忙しいのは、オレの能力が高いからだったのか。(自己満足)」

この掟を知った時、一応は納得したものの、同時に憤りを覚えました。我々は組織で仕事をしているのであって、個人商売の小説家などとは違います。流行作家に注文が集中してしまうことは分かりますが、それとは明らかに違う。

理想は『仕事に人を付ける』こと。冒頭の『人に仕事を付ける』やり方は、正常な組織のシステムとは呼べません。野球で言えば、センターフライまでピッチャーが捕りにいってる状態です。そんな組織は、いずれ内部から崩壊に向かうのです。だってサボってた方がトクですから。仕事をするのがバカらしい。

確かに、「この仕事は正之助さんに」というのもあります。でも、誰がやってもよい仕事もあるはず。そのような仕事まで、特定の人にしかやれない状況を作り出してはいないか。会社の中では、かなり多いと思います。

これを解決するコツは『見せること』。野球のように、フライ(仕事)が全メンバーに見えるようになれば良い。マネージャーが、自分の脳内だけで仕事を管理しているからダメなのです。見えにくいものは可視化しなくては。フライがあがった(仕事が発生した)ら、メンバー同士が「オーライ」と声を掛け合って、自主的に動くような状況を作り出せば良い。

以前、短納期のタスクが頻発するプロジェクトで、チーム内TODOボードを使って、管理をしていたことがありました。作業を全てジャンボ附箋紙に書き出し、ホワイトボードに貼り付けていく方法です。仕事のレベルは問わずに、「コピー用紙補充」などの雑用も記入の対象とします。各メンバーも自由に書いていいのです。そしてそれを、皆で手分けしてやっつけます。

ホワイトボードには欄が3つ。『新規』と『終了』、そして『正之助』などの各メンバーの欄。まず仕事が発生したら、『新規』の欄に付箋紙が貼られます。これはまだ未着手の状態。そしてミーティングによって担当が決まれば、担当者の欄へ移動させます。仕事が終われば、『終了』の欄へ移動させる。

ただこれだけの仕組みですが、馬鹿にしたものではありません。仕事の集中している人が誰かも一目で分かります。ずっと貼付けられたままの、難航している仕事も分かります。また、雑用は若手が自主的にやるようになります。難点は、書いて貼るのが少々面倒なことと、長期的作業の管理には向かないこと。

これを『弁当屋方式』と言います。私、『ほか弁』でアルバイトしたことがあるのですが、まずは注文を伝票に記入し、厨房にテープで貼るのですね。そして、皆で手分けして、作業に当たる。ヒマな人など1人もいません。

これは私の見た印象ですが、意外とホワイトカラーの人たちは、共同作業がヘタですね。個人勝負のお勉強は得意なのでしょうが。「なんで何から何までアタシになるの。最近の若いヤツらは、指示待ち型で困る!」。こんな言葉、よく聞きます。原因の大半は、仕事が見えずに手を出しにくいことにあるのです。私はSEですからホワイトブルーカラーで、知的共同作業が好きなのです。

チーム内TODOボードをやってみての発見。いわゆる仕事の出来る人は、細かいところまで見てる人でした。張り出す付箋紙の数が多いのです。その鋭いセンサーも、皆で共有すれば、若手のよいお手本になるのですね。

ちなみに、ITは見せることを苦手としております。大体、ディスプレイが小さすぎる。「弁当屋方式をグループウエアで」などと考えると、上手くいかないでしょう。物理的時間的に距離が離れているのなら検討の余地はありますが、皆が同じオフィスにいるのなら、ホワイトボードのほうがパッと見れます。

2003.07.28

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ