間接部門と呼ばれる理由

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第38回

間接部門と呼ばれる理由


経営者、もしくはIT推進役の禁句。ITの導入がどんなに素晴らしい効果を上げたとしても、けっして『システムのお陰』などと口走ってはいけません。誉めるのは、それを使って利益を出した社員です。これが鉄則。機械は誉められても喜びませんが、人間は誉められると喜びます。ならば人間を誉めましょう。モチベーションが高まり、もっと利益を叩き出してくれるはずです。

グラフなどの表示されるシステムが、最近は多いです。『情報系システム』という言葉がありますが、『ユーザーに有益な知らせを与えてくれるシステム』のことをそう呼びます。当社の使っている『工事原価管理システム』もその典型。「今、現場はもうかっている?」と一目で分かります。

それに対して『基幹業務系』などと呼ばれるシステムもあります。これは20年以上も昔からあるもので、一言で言えば、人間が行っていた手書き処理をコンピュータに置き換えたものです。月末に納品伝票を集計して請求書を出すなど、人間を集計の面倒くささから開放してくれました。

情報系は『情報提供とその活用』が目的であり、業務系は『省力化と時間短縮』を目的としたものです。IT時代の開発ターゲットは情報系システムですが、昔のOA時代(なんと懐かしい言葉)は業務系システムでした。

昔からの業務系は、投資対効果の測りやすいのが特徴です。システムの導入によって短縮された時間が、ズバリ、削減されたコストです。データ入力が済めば、あとはボタン一発で帳票が出てきます。誰が使っても結果は同じ。乱暴な話し、操作が出来ればサルでも構わない。サルでもコスト削減に貢献出来ます。

しかし、最近の情報系はそのようにいきません。『馬の耳に念仏』という言葉がありますが、サルや馬では情報を扱えない。いくら耳よりな情報を提供したところで、使用者がそれを活用出来るだけのスキルを持っていないことには、無益なのです。ここが情報系システムのやっかいな点。

『今日の相手ピッチャーはカーブが多い』と、スコアラーが教えてくれたとします。しかし打者によっては、上手く対応出来る人とそうではない人がいる。同様に、『工事の進捗が10%遅れ』と工事原価管理システムが語っても、何も出来ない現場監督もいる。システムを使って利益を生み出すのは、あくまで人間。なので、使う人のやる気を殺ぐような発言をしてはいけないのです。

「なんだよ、オレ達が頑張ったから利益が出たのと違うのか。全てシステムのお陰だなんていわれた日にゃ、シラちまうね。ただグラフが出るだけじゃねえか。こんなもん無くても、利益なんか十分出せるんだよ。」

こうなると、いい事は何1つありません。では、経営者たるもの、社員の前でどのようなコメントを出すべきか。模範解答です。

「現場の方々の頑張りによって、今期の利益は大幅にアップした。また、システムの導入に後方から尽力してくれた方々にも、感謝している。」

まずは、最前線で戦っている選手を誉めるべきです。続いて、裏方。工事部や営業部などの直接部門を先に評価し、それから間接部門を評価する。間違っても、『システム』を先に持ってきてはいけません。ま、システムなんか誉めてもらえなくてもいいんですが、皆のいる前でおまけ的にでも語ってもらえれば、志気も高まり、社内での位置付けもはっきりしますので。

「(ヒーローインタビューで)すばらしいホームランでした、清原選手。」「ありがとうございます。カーブを狙っていけと、ベンチが教えてくれました。」

システム部門を誉めるのを忘れてしまっても、システムが本当に有益なものになっているのなら、直接部門の方々がねぎらいの言葉をかけてくれるはず(お互いが人格者ならばですが)。感謝の連鎖する組織にこそ、ITは相応しい。このように、間接的に誉められる部門のことを、間接部門と言うのですね。

2003.08.04

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ