『自由からの逃走』

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第40回

『自由からの逃走』


今回のタイトルは、私が大学で習った社会学の用語です。人間は、自由を望んではいないが、自由を志向するのだそうです。自由とは大変なもので、それが与えられても逆に困ってしまうのが人間なのだ、と教わりました。

例えば焼肉屋に入る。「好きなもの何でも沢山喰うぞ〜」と威勢よくテーブルについたものの、メニューを見せられた途端、田舎モノは慌ててしまう。「何だこりゃ、知らないものがイッパイあるぞ。ハツって、ミノって何だ? カルビも上中下と3ランクもあるじゃないか。オレは一体、何を喰えばいいんだ?」。結局は、店長オススメのニコニコファミリーセットを頼んでしまう。

これが自由の現実です。自由な選択が可能になると、選ぶ為にあれこれ考える必要が生まれる。しかし、それはしんどい。でも、選択は間違いたくない。おまかせ出来る、一刀両断の頼れる店長が欲しくなる。人はそれを、『コンサルタント』と呼びます。保険業界を見れば、自由化とコンサルタントが対になることが良く分かります。そして今、IT業界でも全く同じ現象が起きています。

ここ数年、IT投資は難しくなりました。『OPEN化』と呼ばれる流れです。ハードはA社とB社、ソフトはC社といったように、選択の自由度が増したから。そこにコンサルタントが登場しますが、これが実はヒドイ人が多い。開発の実作業を担当するSEの人達は、はっきり言ってコンサルタントがキライです。もちろん、中には素晴らしい人がいるのも分かってますが。

まず、実現不可能な開発テーマの設定だけして、ドロンするコンサルタントがいる。以前、「夜間処理を完全に廃止し、日中のリアルタイム処理だけにする!」とぶち上げたプロジェクトがありました。これはユーザーの耳に、とても心地よく聞こえたはずです。でも、実現は非常に難しいものでした。当然、設計作業の初期段階から、そのテーマは完全無視です。まさに『絵に描いた餅』。

開発を知らない、したことのない人が、コンサルタントをやっているのです。そんな人が、開発の重要な方針まで決めてしまっていいものか。判断のつかない領域まで、したり顔で判断を下してしまっているのが実情です。

開発者から見て、コンサルタントにして欲しいことは、ユーザーへの指導です。ユーザーは開発に慣れてません。どのような手順でプロジェクトが進められていくのか、不安だらけです。その点を踏まえ、十分に説明をしてあげて欲しい。

コンサルタントが掲げた開発テーマも、HOWの専門家(開発会社)から見て無謀であるならば、修正したほうが良い。不可能を押し付けられた開発会社は、営業的な理由をコネまくり、プロジェクト半ばで撤退するのがオチですから。そんな時、コンサルタントは近くにいません。ユーザーだけが残された状態となります。私の前の会社も、プロジェクトを早々に引き上げたことがあります。

コンサルタントは、『ITものしりおじさん』程度に考えておくのがベターです。まず、耳当たりの良いことばかり言って、理由を説明しない(出来ない)先生は、ダメですね。それと、『IT』や『ソリューション』を連呼する先生。

医者として考えてみると分かります。大体、医者というもの、面白くないことばかり言うのです。脂肪分を控えろだの、煙草をやめろだの。普通は、生活習慣の改善を告げるのが先です。問診を十分にせず、ハードだ、開発だ、等々、劇薬を与え続ける先生は非常にアブない。ITはサプリメントなのですから。

そうそう、コンサルタントの他にも、自由化とセットになるものがありました。ジャーナリズムです。世の中に健康雑誌があるように、IT情報誌も沢山あります。経営者がそれを斜め読みするだけで、少しは改善されると思うのですが。

(店長からのオススメメルマガ)「スーパーSEになろう!!!」。開発経験豊富なITコンサルタントが書いています。名医の考え方が詳しく分かるので、ぜひ、一般ユーザーの方にも読んでほしい。

2003.08.25

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ