ニューヨーカーに風鈴を!

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第41回

ニューヨーカーに風鈴を!


ニューヨークが停電したそうである。えらいこっちゃ。電気止まったら、SEなんて商売上がったり。どうにかして、北米の電力供給を安定させなくては。それでは、私がソリューション(解決策)を授けましょう。私のアイディアはすこぶるシンプル。全NY市民がエアコンを止め、窓辺に風鈴を吊るせば良い。

半分はマジです。ローテクの使用検討をした後で、高価なハイテクの検討に入るのが私の考え方。21世紀は、環境にやさしい風鈴に再び注目です。ニッポン文化の真髄である風鈴を輸出し、外貨をガンガン稼ぎましょう。

風鈴には、ブレークスルー発想のヒントが隠されています。人間の心に働きかける点と、可視化している点の2つです。実は、暑くて不快に感じるのは人間だけなのです。例えば、道端の石ころは暑いか? 温度を測ってみたら52度。確かに熱そう。では「暑いですか?」と石に聞いてみる。反応はない。ヨウハ、暑いと人間が感じることこそが問題なのでした。感じないようにすればよい。

まずは『ヨウハ法』で、本当の問題を抽出し定義する。そして、それを封じ込める案を、皆が『ソレジャ法』で出す。解決の失敗は、問題定義の失敗。いきなり『どうする(HOW)』じゃなく、『何をする(WHAT)』が大切です。「ヨウハ、暑く感じないように。ソレジャ、風を感じられるように!」。

最近分かってきたことは、『人を喜ばせることが解決である』ということ。涼しさを可視化する風鈴が、その例。技術屋は、技術を持って人の心へ向かうべし。以下は事例の引用ですが、解決策とは、以外と脇道にあるものなのですね。
  1. エレベータが遅いと苦情。しかし、ホールに大きな鏡を置いたら、苦情が減った。身なりを直しながら、皆がエレベータを待つようになった。
  2. スーパーのレジに長蛇の列。レジを増やそうとしても、コスト面で無理。だが、面白商品をレジ前に置くようにしたら、苦情は消え、売上もアップ。
  3. オランダの男子トイレ。(バックナンバー14参照)

コンピューターの世界にも、『プログレスバー』という例があります。時間がかかる処理の時に出てくる、進行を示す棒グラフのことです。開発者の方はお分かりでしょうが、これ、実際は処理が遅くなります。でも、ユーザーのイライラは減るんですね。このパターンを応用して、仕事の催促がうるさい上司には、進捗報告だけはマメにしておくのが効き目アリです。

システム開発は、毎日が解決の連続。大きなWHY・WHAT・HOWの中に、小さなWHY・WHAT・HOWが無数に存在します。でも、解決って難しい。SEだけではなく、ユーザーと二人三脚で進めなくてはいけないから……。

先日も新聞を読んでいて思わず苦笑。『未舗装の駐車場から飛ぶ土埃に苦情。住民代表者が舗装の嘆願書を役所へ提出!』。違うんだなあ、HOWの開始が早すぎるのヨ。ヨウハ、土埃が飛ばないようにすればいいんでしょ。水を撒くとか、砂利を敷くとか、ソレジャ法で考えられるHOWを全て挙げ、ベストを選ぶのが解決の定石。(舗装以外の策も検討すると役所は言っていた。エライ!)

最近、痛感していますが、このへんの考え方は、皆が常識として理解していることが望ましい。それこそ、社長からバイト君まで。さもないと、いざシステム開発となった時の、話しの通りが悪すぎる。いきなりやって来たSEなど、進駐軍と一緒です。相談がしやすい日頃からの環境作りと、基礎的な考え方のトレーニングが大事なのでは、と思います。皆と共有しなくては、ね。

当社3階は、雑誌と書籍が山になった雑談部屋ですが、私はここで、『ヨウハ、ソレジャ』と熱弁を振るいます(ヤなヤツ)。メンバー同士、チョッとした面白発見や、耳より情報なども話します。私はここを、『知(痴)の溜まり場』と称していますが、ま、軽い気持ちの勉強会ですね。あくまで楽しくです。

というわけで、知恵の集まる溜まり場を。HOWはじっくり考える。最後に、ニューヨーカーは風鈴を! 以上、冷夏の東北からお届けしました。

2003.09.02

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ