デザイン・トラウマティック

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第43回

デザイン・トラウマティック


先日、総務担当のT女史から、ヘルプコールがありました。久々に聴く内線の音。「ひょっとして、オレの作ったシステムに何かトラブルが?」。恐る恐る馳せ参じましたが、私の作ったシステムじゃありませんでした。めでたし、めでたし。ま、これで終ってもよかったんですが、システム担当という要職にある者として、話しを聞いてみることにしました。それに私は、女性が大好き。

「このソフト、使ってたらおかしくなっちゃった。正之助さん、直せるでしょ。」

こんな困った相談があるんですね、私が作った訳じゃないのに。でも、仕事にならないのは可愛そう。そこで、もうちょっとだけヒヤリング。

「初めて使ってたんだけど、こうしてマニュアルを見ながら……。あ、そうだ!」

手順を間違えて、違う画面を使ってしまったようでした。操作マニュアルが分かりにくい上、障害につながる操作を規制していなかったことが原因です。しかし、ふと画面に目をやると、もう1つ、間接的な問題が隠れていました。

画面のデザインがほとんど同じで、見分けがつかないのです。全部で5画面ほどのソフトでしたが、一見しては識別不可能。使っていても、何をしていたのかが分かんなくなっちゃうんですね。これじゃ、間違えるのが当たり前。

「これは、ホテルニュージャパン現象ですよ。間違えて当然です。」

ホテルニュージャパンの火災が多くの死傷者を出した理由の1つに、『迷いやすかったこと』が挙げられています。棟が『*(アスタリスク)』のように放射状になっており、その中心部で皆が立ち尽くしてしまったのです。パニックの中では、どっちに逃げたらいいのか分からなくなってしまった。非常口にたどり着けなかった人は、自分の部屋にも戻れなくなりました。

コンピュータは情報の識別をコードで行いますが、人間がモノを識別する時は、もっと感覚的な判断です。部屋番号なんか書かれていても、そんなものは見えていません。お笑いのネタでもありますね、団地の部屋を間違えてるのに気付かないまま、夕飯まで食べちゃうようなコントが。それと全く同じでした。

対策としては、色を変えるなどして、感覚に訴えることでしょうか。何も考えないで画面をデザインすると、自然と似てきちゃうんですよ。『認知工学』といった、人間がモノをどう識別するかを研究対象にした学問もありますが、まずは意識することからですかね。ちなみに同僚の住む団地は、フロア毎にドアの色が違うらしくて、酔っ払って帰ってもフロアだけは間違わないそうです。

しかし、偉そうに語る私ですが、はっきり言って画面のデザインは自信がない。なぜかと言えば、昔はそんなことまで考える必要がなかったから。プログラム書きは、論理さえあれば良かったんです。パソコンとマウスの時代が来るや、こんどはセンスまで求められるようになりました。それに、ユーザーの目も肥えてきてますからね。数億円の開発費を投じた市販のソフトと比べられる。

凝り始めたらキリがなくて、いつも悩んでしまいます。でも、それなりに法則(らしきもの)を1つだけ書けば、『 英語 < アイコン < 漢字 』となりますね、分かりやすさの点から言えば。

確かに英語はカッコいいが、意味がすぐには出てこない。アイコンはカラフルで楽しいが、分からない人が稀にいる。漢字で操作を表すのが、一番確実でした。漢字は元々、象形文字(アイコン)なんだし。

「正之助さん、もっとカッコいい画面の色ないの? 何だか目が疲れちゃう。」

色を使うにも、イロキチガイみたいなのはダメでした。見分けがつく程度で十分です。ちきしょー、今度はモノクロで漢字だらけの中国風にしてやる。

2003.09.15

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ