技材よりも人材

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第44回

技材よりも人材


今回は、『これからの会社に求められる人物』というテーマで書きたいと思う。これは、はっきり言って無謀なことである。なぜなら、私がそんな立派な人物である証明がどこにもないからである。『である調』で語っても、ゴマカシは効かないのである。しかし、論ずるのは勝手なので、書いてしまうことにする。

まず、これからの状況を一言で言えば、『○○が出来ます』は無意味であるということ。「プログラミングが出来ます」「では採用しましょう」。これはナンセンス。これは、マイクロソフトが言っていることです。しかし、私が漠然と思っていたことを、これほど適切に表現した言葉は、これまでなかった。

技術系の会社、例えば当社(土木建設業)や、私が昔いたITベンダーに見られるのは、技能を重んじた採用をする傾向が強いこと。『土木施工管理技士』や『情報処理資格』などを重視する。これでは、技術の専門・高度化が進み、一夜にして技能が陳腐化する時代には、対応出来ない。資格など紙切れ同然。

『技術屋』とは、あまり変化がない時代の職業なのでした。技術変動の激しい時代には、「技術屋でございます」なんて威張っちゃいられない。古い技術しか持たない社員は、すぐに会社のお荷物。クビ切りだって、簡単には出来ない。

で、どうなるか? 社員の選抜方法は必然的に、人間の内面を測るような方向へと向かいだす。米国のハイテク企業は、入社面接の際に、難問奇問のクイズ・パズル問題を出すそうです。『素の頭の良さ』を測ろうとしているのですね。この話しを私は本で読み、考えさせられた。(『ビル・ゲイツの面接試験』)

う〜む、これまで私が受けてきたのは、言ってみれば『技材採用』だったのですね。『人材採用』ではなかった。施してもらった教育も、『人材教育』ではなく『技材教育』だった。技術変われば、もはやそれまで。うう、悲しすぎる。

遠くの方から、公務員に就職した友人の声が聞こえてくるようだ――だからさ、広く浅くのゼネラリストの方が有利なワケ。深くて狭いスペシャリストなんか、時代が変わってしまったらアウトなんだし。管理だけしていればいいんだから、楽だよお――悔しい。オレには、事務系システムを作るぐらいしか出来ない。

しかし! 技術が専門・高度化するならば、その技術屋を使う人達の方にも、高度化してもらわねば困るのだ。今のままの、のほほん管理じゃ困ってしまう。WHAT(何をすべきか)も、しっかりと考えてもらわないと。そうなると、『ゼネラリスト=管理者』『スペシャリスト=作業者』の図式は、もはや成立しなくなってくる。どちらも、その道のスペシャリストでなければならない。

そんな専門的かつ流動的な時代に、何を考えて生きていったらよいものか? 1つキーワードを発見した。『移植性』である。開発の世界から借用しました。

ある技能経験しかなかったとしても、その中に、職種を問わない汎用的で移植可能な能力があれば、やっていけるのではないだろうか。えせゼネラリストに転身するのでも、5足ワラジスペシャリストになるのでもなく、1つの技能習熟を徹底して行うなかで、表面的技能以外の普遍的な能力も身につける考え方。

それが何かは、難しすぎて書けない。ある人は問題解決能力というかもしれないし、ある人はコミュニケーション能力というかもしれない。論理力かもしれないし、または、『技能習得のコツ』かもしれない。そんな、抽象的な何か。

スポーツ選手などの話しを聞くと、「これは仕事にも通じる話だ」と驚くことがある。たまたまその人は、優れた身体能力を持っていたのでその方面に進んだのであろうが、別の世界でも大成したような雰囲気を持っている。

就職したてのころ、少し仕事を覚えたことで、人間的にも成長したように錯覚したことがあった。今にして思えば、全くの愚能愚人であった。『流動的技能(HOW)だけは、生涯、入れ替え続ける必要がある』というのが、今の私の考え方。もっと謙虚な気持ちになって、ボーゲンを吐かねばならない。

2003.09.22

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ