解決方法あれこれ

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第45回

解決方法あれこれ


今回は、私の問題解決法についてです。仕事の中で経験的に学んだり、先輩から教わったりした内容です。『ヨウハ法』と『ソレジャ法』は以前書きましたが、もう1つ「これは便利!」といえる方法があります。それは『比較法』。上手くいっているものとそれ以外を比較して、問題の原因を特定する方法です。

「パソコンAはネットワークとつながったけど、なんでBはダメなんだ?」。こんな場合は、パソコンBをあれこれ調べてみるより、AとBを比較してみた方が、早く解決出来る時が多い。

これは、経験的に分かっている方も多いと思います。私もプログラミング作業の中で学びました。「画面Aでは上手く表示されているグラフが、画面Bでは出ない。なんでだろ〜」と両者を見比べる。すると、違いが分かってきます。

「Bの方はデータが多すぎたのかも…」「いや、表示色を正しく設定していなかったかもしれない…」等々、沢山の仮説が浮かびます。その中で、最も可能性が高いと考えられるものから順番に調べていきます。すると、段々絞られてきて、原因が特定出来るワケですね。

消去の順番としては、当然、症状に近い部分から見ていきます。間抜けなことをしてる時もありますからね。Bと思って見ていた画面が、実はCだったなんてことも。そんな時は、Bをいくら調べても原因には到達しません。深呼吸しつつ落ち着いて、徐々にさかのぼって確認していくイメージです。

この方法は、何にでも使えます。ラーメンを茹でるにしても、上手くいってた昨日と、失敗した今日を比べればよい。「あ、時間が長すぎたのかも」と考える。もちろん、カンがするどく働いているような時は、まずはインスピレーションに従いますがね。その後から、比較法。

しかし、まあ、ここまでは普通のことです。でも、比較法には上級編があります。それは『ミタイナ比較法』。これは、一見関係しないが、よく見れば似ているモノ同士を、比較してみる方法です。『○○みたいな…』と比喩が使えれば、ミタイナ比較法が使えます。

当コラム内で、私は意識的に、次の3つの比喩を使っております。システムの分析に関するところでは『医療診断』、開発作業の部分は『建築』、そして、組織については『野球』です。これらを借用すると、説明がとてもしやすくなるのです。綺麗にモデル化されますからね、シンプルなカタチで。そして、その比較を元に色々と考えていきます。(同僚とのミタイナ研究会です。)

「システムの要望事項がなかなか決まらないのは、ユーザーが困っていないからじゃないか。病人はここが痛いって言えるけど、システムを作れるのは儲かっている会社だし、赤字で困ってるワケじゃないからね。」
「そうか、それじゃまずは『ここが問題だ!』と、皆に認識してもらうと……。」

「野球だと、みんな楽しそうなのに、なんで仕事だとああなんだ?」
「だって、声かけがないんだもん。普通は、ヒット打ったら『ナイス!』、エラーしたら『ドンマイ!』とか、いろいろあるだろ。」

前の会社で、プロジェクト内容の発表をした時、メンバー全員で寸劇を披露してみせたことがありました。他のプロジェクトは、やらされ感の漂う実に眠くなる発表でしたが、我々だけはちょっと違います。面白い上ためになる、素晴らしい発表でありました。「いつも、つまんないんだよな。演劇みたいにすれば、みんなも真剣に見るのに……」。発案したのは私でしたが。

最近、「WEB上には仮想現実空間が広がっている!」と言われます。確かにそうかも。でも、そうすれば、現実社会の解決策が、WEB内の解決策としても適用出来るはずですね。もしかしたら、その反対も可能かも。「ミタイナ、ミタイナ、ミタイナ」と社会観察してれば、きっと仕事に役立ちます。コツは『ヨウハ法』。いかにポイント、特徴、法則を抽出するか、です。

2003.09.29

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ