タイトル

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第46回

ELSEの男


 〜 それは間違い それとも間違いじゃない 〜 
 〜 それは正しい それとも正しくはない  〜

(佐野元春・『シェイム―君を汚したのは誰』の歌詞の一節)

私は、この歌詞にシビレます。理由は、『ELSEの思考』が見えるから。今回は、システム屋に染み付いている『ELSEの思考』について書きます。

『間違い』の否定は『間違いじゃない』、『正しい』の否定は『正しくはない』。『間違い』と『正しくはない』、『正しい』と『間違いじゃない』が、同じだとは言い切れません。『間違い』は『正しくはない』に含まれる1つのケース、『正しい』は『間違いじゃない』に含まれる1ケースです。

読んでると、何だか混乱してきますね。書いている私も混乱してますから、ご安心を。要点は、「間違いと正しいは対極に位置し、単純な二分は出来ない」ということ。「私のこと好き、それともキライ?」と歌う、アホなラブソングじゃないところに、私はシビレました。『○○ではない』と否定(ELSE)を正しく使っている点が、素晴らしい。

開発者は(一般的に)否定的表現をよく使いますが、それは、仕事のせいです。「○○ならばAを行い、○○以外の時はBをする」などと、年中考えていますから。「晴れたら山に行こうぜ」と言った時、「晴れなかったらどうする?」と回りをシラケさせる質問をした人がいたら、その人は開発者かもしれない。

「○○の時、こうしたい」と、ユーザーから要望を聞いた時、まずは私の場合、「○○じゃなかったら?」と考えます。悪気があってそうしているのではありません。『ELSEの思考』が、システム開発には必要なんです。それにそうすることによって、その要望に対するWHY(なぜ)にも、自然と考えが及ぶ。

『○○以外の時』を考えないと、抜け道だらけです。稼動後、トラブルの嵐になるでしょう。なので、否定的表現もついつい口から出てしまう。それと、開発者に見られる傾向として、『断定を避ける』こともあげられます。元春の歌も、『間違い』と『正しい』の間で悩んでいる。ちょっと下に、問題です。

1)前提――『開発者』には、『ELSEの思考』がある。―――――――真
2)逆―――『ELSEの思考』があれば、『開発者』だ。―――――――偽
3)裏―――『開発者』でないならば、『ELSEの思考』はない。―――偽
4)対偶――『ELSEの思考』がないならば、『開発者』ではない。――真

昔、数学で習いました。『1(前提)』が成立する時、必ず成立すると断言出来るのは、『4(対偶)』だけなんですね。よく口癖で、「逆もまた真なり!」と言う人いませんか? あれ、キケンです。断言出来るのは、対偶だけ。ちなみに『ELSE』というのは、『3(裏)』ですね。『偽』ですから、『○○以外の時』は何をすべきか、ユーザーと開発者の間できちんと確認し合うべし。

2つ以上の情報を言葉でやり取りするのは、同時にはムリです。最も確実な方法は、集合の絵(ベン図)を描いて見せること。大きな丸を描き、内側にも丸を描いて、全体と部分の関係を見せることです。部分同士の重なり合いも表現する。言葉でやるなら、否定的表現を使って考えることですね。上手く使うと、話しのスピードもアップします。以下、我が家の食器棚整理整頓の風景です。

「ここにある皿、AとBとCの内、よく使うのはどれ?」
「う〜ん、どれもよく使わないなあ。」
「あ、そう。じゃあ、この中で、ほとんど使わないものは?」
「それは、C。」
「分かった。それじゃ、AとBを、食器棚の前の方へ移すぞ。」

聞き方1つで違ってくるものです。元春のお陰で、オレも少しは賢くなった。

2003.10.06

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ