EとAのあいだ

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第47回

EとAのあいだ


「EXCELは覚えたから、今度はACCESSに挑戦しよう!」と言う方がいます。私のような開発の専門家ではなく、一般ユーザーの方です。

データベースの構築を考えた時、多くの方が手にとられる『ACCESS』。確かに自然な選択ではあります。ですが、あんまり私は、一般の人にはオススメしておりません。なぜかと言えば、挫折してしまう人が多いから。今回は、『E(EXCEL)とA(ACCESS)のあいだ』にある高いカベについて。

まず初めのカベは『D(DATABASE)』。EXCELの場合、書類を呼び出してそのまま編集することが出来ました。しかし、データベースは違います。呼び出した画面とデータの格納庫は別物。理解するのに時間がかかります。

この『Dのカベ』。データベースの概念を学ぶ段階で、挫折してしまう人が大半だと思います。データが格納されている場所のことを『テーブル』と呼びますが、面倒なことに、ACCESSの作業は、テーブルを設計して定義することから始まるのです。初っ端からつまずいてしまう。

セミナーなどでは、講師は上手いこと言いますけどね。「ウィザードを豊富に用意してますから、初心者の方でも大丈夫!」なんて。でも、考えてみて下さい。誰でも使える簡単なエディタソフトには、ウィザードは付いてきません。ウィザードが付いてくるのは、複雑で難しいからです。騙されないように。

つづいては『C(CONCEPT)』のカベ。「方針を掲げて操作マニュアルを作ってから開発を行って下さい」とバックナンバーでは書きました。システム開発には、『思想』と『しかるべき手順』が必要なのです。EXCELで表を作るのとは、ワケが違います。ACCESSはプロの開発者も使っているツールですから、その辺りを厳格に要求してきます。これも手ごわい。

最後のカベは『B(BASIC)』。これはプログラミングのことです。ACCESSが採用している言語を『BASIC』と言います。プログラムの概念を正しくつかんでいるのなら、何ら問題はないのですが……。プログラミングを一言で言えば、『目的とする書類を出力する為の手順書』を作成すること。書類を直接操作するEXCELとは大きく違います。これに慣れるのが難しい。

以上のように、EとAのあいだには高い3つのカベがあります。一般の方が挫折したとしても、全然恥ずかしいことではありません。そこで私がオススメするのは、『F(FILEMAKER)』です。『E』から『A』に向かわず、『F』に向かってほしいと思います。

FILEMAKERもデータベースの1つですが、先述のカベを上手く隠蔽しています。EXCELの感覚からも、割と移行しやすい。だからといって、行き当たりばったりを推奨はしませんが。それと、WEB系の開発もやりやすい。

やや機能的には見劣りする面もあります。ですが、目的は問題を解決することにあるのですから、一般の方がACCESSに挑戦して、問題を新たに作り出すことはありません。それとオススメしない大きな理由が、もう1つあります。

ACCESSで開発してしまうと、『会社のシステム』が『個人のシステム』になってしまうのです。要するに、保守の出来る人が限られてきますから、誰でも気軽に修正出来なくなる。専門の情報システム部門を抱えられる会社は別ですが、少ない社員で複数の仕事を回しているのが零細企業の実情ですからね。

情報システム部門の扱いは、大企業でも困っています。専門性が高すぎて、他部門と上手くローテーション出来ないのです。決まって必ず、『ヌシ』みたいになっている人がいるものです。部門ごと、分社化させるところもありますね。

出来る限り、属人的な仕事は減らしましょう。しかし、怖いことです。もしも、ウチの会社のシステム部を分離独立させたらどうなるのか? 1人寂しく、私がいなくなるだけなんですけどね……。

2003.10.14

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ