情報の使い方

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第48回

情報の使い方


「私、ネットの懸賞に応募する時は、偽名で出すことにしてるんです。」

同僚が、雑談中に面白いことを言った。懸賞サイトが収集した個人情報は、必ずや名簿業者に流出するであろうから、その自衛策をとっている、ということでした。危機管理意識が低い能天気な私は、全くもって感心してしまった。

住所と苗字だけは正しく書き、名前を微妙に変えておくのがコツだそうです。例えば『鈴木正太郎』などとし、職業や年齢などは全部デタラメにしておく。当選したとしても、住所と苗字さえ正しければ、郵便屋さんは届けてくれるみたいです。こうしておけば、素性はバレない。同僚が話しを続けた。

「するとたまに、偽名当てのDMが届くんですよ。着物の展示会の案内とか。」

同僚は20代の独身男性。おかしな趣味でもない限り、着物の展示会とは無縁です。やはり名簿は流出し、それを買った企業が、デタラメの性別、職業等を真に受けて発送してしまったのですね。哀れな笑える話しであります。ニセの情報で敵を攪乱させるなんて、映画の中の戦国武将なみに知恵者な同僚でした。

負けじと私もやってみたくなった。沢山の偽名を使って、色々な通販サイトからビデオを買いまくるのです。その際、『通販サイト』と『偽名』を必ずペアにして、メモに残しておくことにする。例えば、『A社』からは『正輔』の名で『人妻の午後』を購入し、『B社』から『正吾郎』の名で『蒼いセーラー服』を買う。『C社』は『正ノ進』で『柔肌と荒縄』。こんな感じです。

するとどうなるか。しばらくすると我が家にも、知らない会社からのDMが届けられるであろう。「鈴木正ノ進さまに今年最後のチャンス。ムチとローソクが爆安!」。ご丁寧なリコメンドまで付いている。

それを見た私。「ふふん、漏らしたのはC社か。馬鹿め、オレは金髪にしか興味はないのだ!」。そして、社会正義の為の活動を始めるのです。信頼出来る通販サイトはA社とB社で、C社は個人情報を流出させる悪徳業者だと、ホームページを作って発表する。いや〜、世の男性諸氏には喜ばれるだろうなあ。

でも、実際にはそんな事はしない。無駄遣いが妻に怒られるからではなく、我が身に危険が及ぶだろうから。C社の連中が、何をしでかすか分からないし、家族が危ない目に合わされるかもしれない。だから、しません。

さて、私が言いたいことは何か? 『情報』は、悪意で使うことも、善意で使うこともでき、また、伝えたいこともあれば、伝えたくないこともある、といったごくごく当たり前のこと。要するに『情報』とは、人と人がやり取りする『知らせ』のことです。ベースになるのは、それをやり取りする人同士の『信頼』にあります。そこを分かっているのかしら、と言いたいだけなんですが。

「ITで情報武装!」と、かまびすしい昨今ですが、企業文化の改革から始めないと無意味です。大体、情報ってのは逆説的なんです。『自分にとって知りたいことは、相手にとって教えたくないこと。相手の知りたいことは、自分が教えたくないこと』。だから情報には、価値があるとも言えますが。

当社の『工事原価管理システム』。全現場の利益情報がガラス張りです。作った開発者自身としては、自画自賛の出来栄えであります。しかし、よくよく見てみると、ガラス張りのように思えてるだけなんですね。

それは、入力にウソがあるから。日々、進捗と使ったお金を入力すれば、進行に応じた利益が分かる。しかし、そのシステムが『赤字です』と言った時はどうなるか? 上司にカミナリを落とされてしまう。だったら、隠しておいたほうがいい。予算を立てるにしても、高い利益を目指して創意工夫するのではなく、保険をかけた甘い予算を立てるようになる。これってガラス張りですかあ?

(書ききれないので、次回へ続く。全く、前置きが長すぎるんだよなあ。)

2003.10.21

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ