サルでも分かるTOC

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第49回

サルでも分かるTOC


前回の続きです。社内で情報を共有する為の『工事原価管理システム』が、実は、完全なガラス張りにはなっていない問題。これは『情報共有の片思い』。仕方ないのです。工事の担当者は赤字を隠したいが、管理者はそれを知りたい。完全な片思いです。ゆえに各担当者にしてみれば、怒られない程度におおよその入力をしておくのが、利口な方法なのですね。

せっかくのシステムも、形骸化している。この問題の解決は、とても難しいのですが、簡単に言えば、『ヒットを狙って打席に入るようにすること』。前向きな考え方と仕組みを持つ会社に、変えていく必要があります。ちなみに今は、皆が三振をしないようにと打席に入っている。

さっそく説明に入りたいところですが、あいにく物事には順番があります。まずは『TOC理論』について語らなければなりません。なので今回は、『サルでも分かるTOC理論』です。難しくはありません。

『TOC理論』は、生産管理の理論です。『全体最適』と『ボトルネック』という言葉がセットで使われます。製造業の方には、すでにお馴染みでしょう。要点は、『砂時計を早くしたいなら、中央のくびれを広げること』。

当たり前のことです。最も細くなっている部分(ボトルネック)が、砂の流下量を決めていますから。そこを広げれば、砂は早く落ちるようになる。例題として、渋滞緩和の道路改良を考えてみます。流れを阻害している箇所、例えば交差点などを改良すれば渋滞は改善される。改良するのは、ボトルネックの部分です。自宅前の道路を意味もなく拡幅したところで、効果はありません。

トヨタの『カンバン方式』は、ボトルネックを作らない1方式です。後工程が10個必要ならば、前工程は10個生産し、その前の工程も10個作る、という考え方。ある工程が3個しか生産しなければ、そこがボトルネックです。ある工程が18個生産したら、他がボトルネックになります。多めに作ってしまった8個は、全体最適の考え方では、作る意味のなかった『ムダ』となります。

まずは、全体的に見渡してボトルネックを見つけること。そこを広げることが出来るなら広げ、出来ないなら他の工程の生産を抑える。これがTOCの要諦。製造業に限らず、社内の業務プロセスを、『全体最適』と『ボトルネック』の観点から眺めてみると発見があります。

例えば、月末締めの社内文書などありませんか? 「納期厳守だぞ!」なんて、エライ人がハッパかけたりしているような。こんなところにも、ムダが隠れていたりする。集まった文書が多すぎて、チェックに1週間もかかっていたりします。こうなると、残業してまで間に合わせた意味がなくなってくる。納期厳守は美談かもしれないが、ムダな残業をしない方が会社の利益面ではよかった。

いかに物事をよく見るかが、活用のポイントです。最近は、生産管理以外の分野にも、適用範囲が広がってきています。『プロジェクトのスケジューリング』もそうですが、その解説の中では、とても重要なことが語られています。

それは、『見積りは当たらない』ということ。繰り返し型のルーチンワーク的作業なら、当たります。歯磨きは5分間で、明日も同じ。しかし、1回限りのプロジェクト型の仕事の場合、(私のシステム開発や、当社の土木建設工事などは)見積っても当たらないのが普通なのです。まずは、これを認識すること。

「ウソだろう。ウチの見積もりは当たるぞ!」と、言われるかもしれません。でも、プロジェクト型の場合は、当たらないのです。当たっているように見えるだけ。しかし、商売なんだから、予算もあれば納期もある。一体どうやってビジネスにしているのか? 答えは、『保険をかけているから』です。

* 次回へ続く。仕事に『保険』かけてますか? ボクはかけてません。

2003.11.01

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ