いい按配の丼勘定

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第50回

いい按配の丼勘定


『全体最適』と『ボトルネック』の視点から、物事を考えるTOC理論。スケジューリング作業のポイントに、保険(時間の余裕)の使い方が挙げられます。保険を、『個別最適』ではなく『全体最適』となるように使います。

プロジェクト型の仕事は、高い精度の見積もりを行うことは出来ません。ついつい、保険をかけすぎた高めの見積もりをしてしまう。個々を積み上げて集計した全体ともなれば、かなりの保険です。そこでまずは、かけすぎた保険を思い切って削り、個々の作業時間を『保険なしの目標値』に修正します。安全の為の保険は、工程全体の最後尾に、まとめて少しだけ付けておきます。

個々の作業は、納期通り終らなくてもOKです。見積りを当てようと考えすぎると、保険が大きくなります。『個々の作業の達成確率が50%程度』のスケジュールを、素早く組んでいきます。当然、2回に1回は納期に遅れますが、最後には保険があるので大丈夫。ちなみに、達成確率が五分五分の仕事に、人は強いヤル気を出すそうです(心理学の達成動機理論)。

個々の作業に保険をかけると、なぜダメか? 保険は、使わないと損した気分になります。余裕を手に入れると気持ちが緩み、「出来るだけ早く終らせよう」が、「期日まで終ればいいや」と考えるようになります。そして結局は、納期間際にドタバタして、作業ミスをしたりする。これを『学生症候群』と言います。前半は遊んで後半に追い込む、夏休みの学生と同じです。

それに、関係者が増えると、気付かないところで保険も増えてしまうのです。例えば、作業担当者が余裕を1日みていたとする。しかし、その上の係長も、もう1日余裕をみていたりする。そんな感じで、課長から部長さらに社長へと上っていったらどうなるか? とてつもない保険のオバケになります。

原因は『個別最適』で考えてしまったからです。個々の作業見積もりを正確にしようとしすぎたから、あるいは、個人ごとに厳密な納期管理を徹底しようとしすぎたから。モノを細かく見すぎると、いつのまにか当初の目的から、ズレてしまうのです。効率を上げて利益を追求するのが会社の目的ですが、いつのまにか、『保険の自縛霊』にがんじがらめにされてしまうのですね。

『丼勘定は悪、細かな管理こそが素晴らしい』と、我々は教えられてきましたが、『目的を見失わない、いい按配の丼勘定』を、TOC理論は推奨しています。これはある意味、パラダイムシフトです。管理が細かすぎるような業務は、『全体最適』の観点から見直してみると良いでしょう。

例えば、当社の土木工事。施工前に予算書を書きます。測量や舗装などの作業単位に金額を計算しますが、その細部をシビアにチェックしすぎると、どうなるか? 土木工事は、気象条件などの不確定要素が多すぎます。正確な見積もりなんてムリなのに、「この作業は見積もりが甘すぎる!」などと、およそ生産的とは思えないやり取りが始まります。こうなると、本末転倒です。

細かく考えすぎるからおかしくなるのです。『いい按配の丼勘定』を心がけ、まずは個々の作業金額を『保険なしの目標金額』に設定する。そして末尾には、保険に相当する予備費を計上する。「個々に見ればハズれるものもあるが、全体金額はこれで充分です」といった予算を素早く作るようにすれば良い。むしろ、作業の段取りをしっかり考えて、目標金額の達成を目指すほうが重要です。

まとめ。『木を見て森を見ず』はダメ。『いい按配の丼勘定』が、最も効率的。『個別最適の合計は全体最適にあらず』です。会社内には、非効率な部分が沢山あります。次回は、組織が個別最適に向かってしまう原因を考えてみます。

2003.11.14

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ