組織と集団(諸行は無常、因果は応報)

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第51回

組織と集団(諸行は無常、因果は応報)


前々々回、『情報共有の片思い』を書きました。そしてそれを受けて、TOC理論を2回に渡って解説しました。組織全体で最適となるような考え方が大切である、と強調したつもりです。今回は、『なぜ組織は、個別最適で不適合な仕組み(システム)を作り出してしまうのか』。

それではストレートに結論から。『組織じゃなく集団化してしまっているから』です。システム化が一段落し、皆が「もう充分」と思った段階で、組織は共通の目的を喪失します。そして、自分だけの個別の世界でしかものを考えなくなる。もはや無目的の集団なので、マイナスの現象が自動的に悪循環を始めてしまいます。忘れちゃいけないのは、人の世が、連鎖し、循環するという掟です。

説明の為、サイモンという人の言葉を引きたいと思います。経営学と人工知能を研究し、ノーベル賞も取ったエライ先生だそうですが、いみじくも彼はこう語ったそうです。「会社とは情報処理システムのことである」。

『情報処理=コンピュータ』ではありません。ここでの意味は少し広く、人間の日常的な活動が含まれます。例えば、車の運転は『認知、判断、操作』の繰り返しだと、教習所で教わりました。外界の状況を見て(入力)、ものを考え(処理)、何らかの運動で応える(出力)ことが、情報処理です。

ゆえにサイモンは、会社も情報処理のシステムだと言った。材料を仕入れて製品を製造するメーカーも、顧客ニーズを学び労務を提供するサービス業も、内部プログラムが違うだけで構造的には一緒。会社は、時代の趨勢をINPUTにして、何らかの製品やサービスを、社会へOUTPUTします。

でも、いつまでも同じやり方は続かない。それは、社会のシステム内部に我々の会社自体が含まれているから。会社など、相互に依存し合う社会の1ピースに過ぎません。会社が情報処理して出した答えは、時間をおいて、別の入力となって会社に戻ってきます。一回りして、新しいINPUTが返ってくる。

一例です。低価格のクルマを、大量に販売したらどうなるか。大型店でのまとめ買いが普通になり、荷物の積みやすいクルマが求められるようになる。この段階で、『安い』から『買い物がし易いクルマ』にニーズが移っていますね。『風が吹けば桶屋が儲かる式』で、気付かないうちに、世の中は少しずつ変わります。外部環境が変動したら、組織内部のプログラムも書き換えなくては。

しかし、システムが順調に機能している時ほど、人はそれに頼り、根本的なことを考えなくなる。まず、話し合いが減ります(どうでもいい話しは増える)。職長は、高圧的で機械的な指示しか出さなくなる。それを受けた回りの社員も、ただルーチンをこなすだけの『パブロフの犬』になります。社内の人間関係と社風も、このように相互依存的に連鎖し、循環する構図にあるのですね。

こうなると、情報処理の出来ない、単なる知的怠惰集団の出来上がりです。変わらなくちゃと知っていながらも、変われない。皆そろって『茹で蛙』になっていくのですね。組織もシステムも、作るより維持改善する方が難しいのです。

まとめです。組織内に、マイナスの連鎖が始まらないように、気をつけること。全体最適の観点からみて、自分の作業が何処に位置付けられるのか、皆が考えられるようでなくてはならない。惰性的な作業の指示と実行が、一番ダメです。

ポイントは、『考えられる人たちが、理性的に話し合える雰囲気があるか』です。本田宗一郎流に言えば、『ワイガヤ』の会社になっているか、となります。改革の際に最も難儀するのは、いつの間にか機械化してしまった人の頭を、どうやって切り替えるか、なのです。(次回は、組織力の方程式『P=SΣ』。)

2003.12.06

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ