組織の方程式『P=SΣ』

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第52回

組織の方程式『P=SΣ』


「1+1が3になるようなチーム」という表現があります。まあ、なんとなく分かります。でも、一体どんなチームが『3の答え』を出せるのか、またそれは、人が2人集まっただけの『単なる集団』とはどこが違うのか……。今の私にはかなり見えてます。組織の方程式は『P=SΣ』ですね。

『P(組織の力)』は、『S(組織係数)』と『Σ(社員の能力の総和)』を掛けたもので決まります。あくまでもイメージ、厳密な証明は出来ません。が、組織の力は、決して『個人の能力の足し算』ではありません(実感あり)。

例題です。A社の社員(全3名)の能力が、『7と5と1』だったとします。B社は『8と6と2』でした。『Σ』を計算してみると、A社は『7+5+1』なので『13』です。B社は『16』。一見したら、B社の方が、素晴らしい。

しかし、式には『S』が付いている。仮にA社の『S』が『4』、B社が『3』だったとしたらどうなるか? A社の方は、『P=4×(7+5+1)』なので『52』です。一方のB社は、『P=3×(8+6+2)』だから『48』。なんと、A社の勝ち! 「1+1が3になる」とは、こんな状態のことです。「凡人の集まりでも、上手く『S』を強化すれば、才人の集まりに勝てる!」。

「ホントかよ?」と言う方の為、割と有名な事例を引きます。『花王』と『ライオン』における『1人当たり経常利益』の比較です。2年度の数字によれば、花王がライオンの『8倍』だそうです。花王の社員が8倍賢い? そんな馬鹿なことはありません。『S』の違いが、この8倍の差を作り出していますね。

「じゃあ『S』は何?」となりますが、大きく言って3つあります。『戦略(Strategy)』と『仕組み(System)』と『土壌(Sоil)』。これら『3S』を大きくするのが上手い人こそ、いわゆる『リーダー』です。

まずは『戦略』。ここでの意味は『経営』に限定せず、むしろビジョンやコンセプトに近い『確固たる方針』のことを指します。方向性がはっきりしていないと、メンバーは細部を判断出来ません。『HOW(やり方)』を皆に指示するより、『WHAT(すべきこと)』を周知徹底することです。技術が細分化した今は、どんなに優秀な人間でも、全てを指示することは出来ませんから。

続いての『仕組み』。これは、組織構成から、仕事の進め方、さらには内部のルール等、すべての面における『工夫』のことを指します。例えば、『10』の高い能力を持つ人しか、仕事が出来ないようになってはいないか。手順を上手く解体して共有すれば、ノウハウは伝達出来ます。メンバーを信頼はするものの、『人だのみ、人まかせ』にはしない。いわゆる、ITもこの範疇です。

そして最後は『土壌』。実は最も重要なのは、これかもしれない。戦略や仕組みなどは、失敗したら改めればOK。しかし、『土壌』は簡単には書き換えられない。なぜなら、前回も書きましたが、人の世は連鎖するから(因果応報)。まあ、土作りに強い影響を与えているのは、リーダーの行動なのでありますが。

『土壌』とは『組織の雰囲気』のことです。どんなにいい種も、痩せた土地では芽が出ない。それと同様に、優れた考えや能力を持つ人を、受け入れられるだけの柔軟性が組織にあるか。前号でも書きましたが、ワイガヤの空気があるかです。これは煎じ詰めれば、仲間意識をベースにした信頼感になってしまいますが。先述の花王は、自由闊達な会議が行われる雰囲気があるそうです。

以上の『3S』ですが、これはゼロ以下にもなり得ます(Σは常にプラス)。ちなみにダメなチームは、井の中(Σの括弧の中)で、つまらん比較競争をしてますね。メンバー全員に、係数がきちんと掛かってこその組織です。そのへんのヒントを次回。『S』はシークレット、見えにくいのものなのです。

2003.12.19

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ