見せれば花

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第53回

見せれば花


『P=SΣ』のうち『組織係数のS』をいかに大きくするか、が今回のテーマです。答えは『見せること』。Sには実体がありませんので、出来る限り可視化する。『見える方針、見える仕組み、見える雰囲気』がポイント。『Sの偶像』を作りましょう。見えやすくなれば、メンバーに掛け算が効いてきます。

『掲示板などを上手く使い、情報の見えるワイガヤの場を作り出すこと』が、具体的な方法ですが、とにかく情報は隠したらダメ。リーダーだけが全てを知っている状態は、北朝鮮と同じ時代遅れ。情報は『見せれば花』なんです。

1つめの『見える方針』というのは、まあ、当たり前ですね。方針がないと、メンバーは動きようがありません。なので、ビシッと書いて貼っておきます。皆の創造性をキックするような、力強い言葉がGOODです。そして続いて、『見える仕組み』と『見える雰囲気』を作るコツ。これについては、四国のとある建設会社(30人規模)の事例を紹介します。ISO運用上の工夫です。

工事の品質保証の為、仕事の手順が社内で厳格に定められています。作業は全て、記録として文書に残すルールです。それらは、社内のフローに基づいて回ります。担当者による記入に始まり、権限者の承認を経て、最終的にはキャビネットに格納されるわけですが、さて、ここで問題です。

よくある社内での書類回し。あなたの会社は、人と書類のどちらが動きますか?課長から部長へと、書類が机の上を順番に移動していくのであれば、それは書類が動いている。普通はそうですね。「承認願います」なんて、うやうやしく書類が届けられる。しかし、書類を動かさず人を動かす方法もあるのです。

その会社は、掲示板に全ての文書を貼り出します。社長もヒラも、皆が掲示板の前に集まる習慣です。そこに自分の担当する書類が出たら、自席に持ち帰って処理をし、再び掲示板へと戻すのが基本動作。シンプルな仕組みが、前に紹介した、弁当屋方式と似ています。(バックナンバー『フライは誰が捕る?』)

この『貼り出し方式』の一番の利点は、情報が良く回ること。掲示板さえ見ていれば、新人でも色々と分かってきます。自然に人の集まる、ワイガヤ空間にもなります。文書を見た記憶が頭に残っていれば、後で詳しく調べることも出来ますね。そしてさらに、決裁のスループットも上がるって知ってました?

一般的に、社内文書の押印欄は多すぎます。担当から社長に届くまで、5人も押印したりする。その順番通り文書が動くのですから、時間もかかるわけです。しかし、書類をキチンと見ている人は、そのうち何人なのでしょうか。

紙を動かすから、宛先である押印欄が欲しくなり、「部長にも回しておかないと怒るから」なんて理由で、メクラ判の欄も増えてしまっている。でも、貼り出し方式に改めると、押印欄は決裁担当者だけで済むようになります。せいぜい3人ほどでOK。情報閲覧の機能は、貼り出すことで済ませてしまえば良い。

以上、貼り出し方式についての説明でしたが、ポイントはどこでしょうか?『Sを神様のように捉え、Sに合わせて人が行動する』という点です。考え方としては、『S』がリーダーよりも上位に位置します。これが重要な点。今後のリーダー像は、これまでのような何でも勝手に決めちゃう『王様』ではなく、野球やサッカー等の『キャプテン』のイメージです。要は、自らも共に動く。

この会社の場合、掲示板の前に、最高権力者の社長でさえも出向いている。物言わぬ神様であるSの偶像の前に。単純に考えて、どっぷりと自席に座った人達の大勢いる組織が、とても俊敏であるようには思えませんよね。個々人のナワバリを極力無くし、個別最適に落ち入らないようにするのが組織つくりのコツですが、この話し、情報活用できる組織とリーダー像については次回に続く。

2003.12.30

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ