ABどっち?

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第54回

ABどっち?


情報活用のできる組織とリーダー像についてです。とりあえず下記のように、情報が生きる組織と死ぬ組織の特徴を、二項対立的に整理してみました。Aが生きる組織、Bが死ぬ組織です。これまで『IT暴言』で書いてきた内容も含んでいます。まずはご覧下さい。皆さんのところはどちらでしょうか?

1、リーダーの根底にある考え方(人間観、社会観)
   A) 性善説、人間信頼、人は仕事をしたい、他人とは助け合える
   B) 性悪説、人間不信、人は仕事をしたくない、自分以外は無能
2、組織の体質
   A) 情報公開、法治、目的共有と協働、陽気
   B) 情報統制、人治、生産手段の支配、陰気
3、内部コミュニケーションの傾向
   A) 本音、議論、ワイガヤで単刀直入、双方向的
   B) 建前、儀礼、駆け引きと過剰な保険、トップダウン的
4、リーダーの振る舞い
   A) 方針明確、司祭、頼れる兄貴、主将、『我々(2人称)』が主語
   B) 細部干渉、王様、恐れられる父、監督、『俺(1人称)』が主語
5、メンバーの活用と管理の方針
   A) 人間の人間的活用(人材)、Y理論、加点評価、アメ
   B) 人間の機械的活用(技材)、X理論、減点評価、ムチ
6、仕事ぶりと発達
   A) 成功を目指して仕事する、自己発見を主とした大脳思考的学習
   B) 失敗しないように仕事する、マニュアルによる小脳反射的しつけ

あくまでも、議論を分かりやすくする為に、両極のイメージを表したものです。以前説明した『組織の方程式』の、『雰囲気』を詳細化したと思って下さい。注意しなくてはいけない点は、『卵が先か鶏が先か』と社会は循環することです。上の項目は、全て渾然一体に分かちがたく絡み合っています。ゆえに、どれか1つだけ取り出して論じても、無意味だと言うことです。

手っ取り早くイメージしてもらうには、『旧ソビエトとアメリカ』の違いと言ったらよいでしょうか。情報活用のできる組織は『透明であること』。ルールや道徳や合理性がきちんと働いているか、決断に至ったプロセスと基準が見えるかどうか。「言ってもムダ」となってしまうと、組織内には無力感が蔓延し、相互不信に陥ってしまいますから。つまりは、武富士やダスキンです。

「社長、現在の進捗状況からすれば、工事は黒字で推移しています。」
「うそだろう。ちゃんと原価管理システムに入力していないだけじゃないか。」
「いや、本当なんですって。ちゃんと入力もしてますよ。」

こんな風になっても困ります。赤字の時は当然のように叱られ、黒字を出しても疑われてしまうようでは、せっかくの情報系システムも空しくなる。情報は、相互信頼に基づく性善説社会で使われなければ。しかし現実、多くの零細企業は、Bタイプの方に寄っているのではないでしょうか。悪循環を断ち切り、BからAに体質を変えるにはどうするか?

最も手っ取り早いのは、リーダーを変えることです。やはり、コミュニケーションと言う名のボールを多く投げているのは、リーダーなのですから。他のメンバーと比べると、明らかに雰囲気の醸造に与えている影響は高い。しかし、そうもいかない場合もあります。そんな時はどうするか?

こうなると、即効性のある特効薬はありません。糖尿病の患者が、規則正しい生活と食事と運動を心がけるように、少しずつ改善していくしかありません。
Bの悪循環は、言わば組織内生活習慣病。連鎖と循環が良くない曲者です。そのループをぶっ壊せば、回復する可能性はあります。で、どうする? ここでやや唐突ですが、それは異物を混入させてバランスを崩すことだと宣言します。

人間が科学技術を使って自然の生態系を破壊したように、これまでに無かったものを混ぜてやれば、流れが変わるのではないか、と考えられるわけですね。
が、その前に、Bタイプの『人治型ツルの一声トップダウン型組織』が最終的にはどうなるか、ということを書きたいと思います。組織終末論です。

(まとめきれないので次回に続く。『IT暴言』は残すところあと4回。)

2004.02.01

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ