壁の壊し方(上)

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第55回

壁の壊し方(上)


『企業30年説』については、御存知の方も多いと思います。何もしなければ、会社は30年程度でツブれてしまう。環境変動の激しい昨今は、もっと短命かもしれません。ところで、この『30年』の意味を考えてみたことありますか?

簡単に言いますと、これは創業社長が影響力を持っていられる年数です。すなわち、『社長の寿命』が『事業の寿命』で『会社の寿命』だってことです。私は子供のころ、バアさんから聞かされました。『人の一代は25年』であると。

事業に終わりが訪れるのは、社長が衰えて顧客を理解出来なくなるからか、それとも顧客が一回りして入れ替わってしまうからか? いずれにしても、古いやり方が通じなくなったら、変わればイイだけです。30年のハードルなど、社員が英知を結集すれば、楽々越えて行きそうな気もします。でもそれが出来なくて、大方の普通の会社は普通にツブれていくのですね。なぜか?

人は求められているようにしかならないから。専制的な指示ばかり受けていると、社員は考える力を無くしてしまう。求められるのは作業スピードのみ、独創性など疎ましがられるだけとなれば、退化させてしまった方が楽になります。作業は出来ても起業の出来ない人が、会社には残ってしまうのですね。

でも、これからはそれじゃダメ。今後は、満点を取れる戦略などありえません。トップの言い出した『方針』など、単なる『仮説』にすぎない。やってみて上手くいかなかった時の対策こそが、最重要になってくるワケですね。それはシステム開発でも同じですが、そんな時代に、組織的フィードバックの働かない『Bタイプ組織(前回を参照)』では生き残りが難しくなってくる。

ちなみに、当社の土木建設業(斜陽産業の代表)など、事業転換の話しが挨拶代わりに語られるほどです。事業サイクルは短命化する傾向にあります。今後は、起業の出来る社員を何名抱えているかが、組織の命運を左右するのでしょう。会社など、単なる『人材ネットワーク』になっていくのかもしれません。(全くの部外者と事を始めるよりも、話し易く信用できる方が低コスト。)

さてそこで、Bタイプ組織からAタイプ組織への転換、しかも上はアテにならんのでボトムから変革を進めなくちゃいけない時はどうするか? 前回も述べましたが、これに関する特効薬は無いんです。でもヒントはあります。『社内報』を使ってコミュニケーション機会を増やし、社員の意識改革を進めること。

社内報の良い点は、発言力の弱い若手にも、啓蒙的な意見が発表できること。Bタイプの組織は、会議が機能不全に陥ってますから、エライ人のいる席上で正論を述べようなどと思わないこと。足引っ張りの水掛け論になって終わりです。社内報の発行だけをエライ人から承認してもらったら、後はアジビラのように社内報を撒いてしまう。当社の社内報は、『しすてむ瓦版』といいます。

私とネットワーク管理者が中心になって発行しています。丁寧に作る必要なんかありません。大事なのはコンテンツですから。情報リテラシー教育で始まった当社の社内報でしたが、仕事に有益なことであれば何でも盛り込んでしまう。2人で月間10冊ほどビジネス雑誌と書籍に目を通してますからね、書くことには困らない。分かりやすく書いて、社員の心にクサビを打ち込むこと。

『ベルリンの壁はFAXで壊された』と言われます。平たく言えば、「西側はこうなっているゾ!」と真実の情報がもたらされたら、あとは民衆が勝手に行動を起こしたということです。情報鎖国ぎみで内向きになっているような組織には、外部からの正しい情報を伝えてあげることにつきます。もちろんそれをきっかけに、リアルな対面コミュニケーションも増やしていきます。

組織には、『明るい説教』と『有意義な雑談』が必要なんです。コミュニケーションの無くなった組織は死んでいきます。そんな組織は、おそらく満足な情報システムもつくれないでしょう。下の人間が、チクチクと真っ当なことを言い始めると、下に蓋をしている人たちも、ウカウカしてられなくなってくるのです。で、そこでモメそうになったらどうするか? 次回書きます。

2004.04.10

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ