壁の壊し方(中)

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第56回

壁の壊し方(中)


組織のボトムから変革を進めていって、上の人達とぶつかってモメそうになったらどうするか? 大変悩ましい問題ですが、そこをあえて書いてしまいます。ずばり、「モメることを恐れてはいけない!」。

損得で考えると、若手にとっては、決してマイナスになりません。たとえ失敗に終わったとしても、人生のプラスになります。なので、大いにモメましょう。ただし、密室ではなく、社員が大勢いる前でモメること。回りの人間を味方につけるようなモメ方をして下さい。

モメた時の、相手の反応に注意します。例えば――お前は、いつからそんなに偉そうなことを言うようになった?――こんな反応です。特徴は、『お前』という単数形の主語を使っていることです。こうなると、改革の望みは薄い組織なのでしょうが、まずは落ち着いて、次のように切り返して下さい。

「お前とか、オレとか、そんな言葉で語るのはやめてもらいたい。組織の要職にある方なら、組織全体のことを考えて、我々は何をすべきなのかと、『我々』という言葉で、それに恥ずかしくない内容のことを語ってもらいたい!」

私も過去に一度だけ、これと同じ内容の発言をしたことがあります(汗汗汗)。相手も一瞬、ひるみますね。言い放ったら、姿を消してしまうのがコツかもしれません。どうせここから先は、建設的な議論にはなりえないでしょうから。この方法は、若手社員のみが使える、一種のショック療法戦術です。要するに、自分のことしか考えられない人間なのかどうかを、見極める為の挑発です。

私の知るリーダーの中に、単数型の主語を多用する人がいました。曰く「オレの言う通りやれば問題ない!」。プロジェクト開始時点は、まだ調子がいいので、1人称の『オレ』です。しかし、雲行きが怪しくなって来たら、2人称の『お前』が増えてきました。「お前がちゃんとやらないからだ!」。

こんなことが重なると、メンバーもだまっちゃいません。「私はきちんとやっています!」。たまらずに、1人称の『私』を使って言い返しますね。しかし、心の中では「アンタこそちゃんとやれ!」と、2人称を使って報復しているのです。すると次の段階は、「実は一番悪いのは、俺らじゃなくアイツだよな」。なんと3人称の『アイツ』に変わりました。約半年の間に起こった出来事です。

笑わないで下さい。ひどいプロジェクトでしたが、反面教師的に学ぶことは多かった。つまり『人称』とは、責任擦り付けの順番のことです(冗談です)。でもこれは、人間がモメたときのあられもない姿であることを、認識しておく必要があります。いざとなれば、人間なんて、こんなものでしたね。(苦渋)

教訓としては、「単数形の主語は、組織内で乱反射してまとまりを欠く。リーダーであるならば、複数形の主語で組織に語りかけるべし!」。リーダー自らが「オレ、オレ」言ってると、回りに伝染します。皆が自分のことだけを考え始め、不信が不信を生む悪循環に陥って、疑心暗鬼の集団が出来上がります。

モメた人とは、後日改めて話し合ってみるのがいいでしょうね。『我々』という主語で考えられる人なのかどうか。組織が変われるかどうかは、究極のところ、そこで決まります。何度かやってみて、自分の既得権益しか考えられないような人だったら、こちらから三下り半をつきつけるべきでしょうね。長居すると、いつしか自分も同じような人間に変わっていきますから。

そこでドロップアウトして何か新しいことを始める時、大事にしなくちゃいけないのは『同志』です。その仲間を見つける為にも、モメる時は皆の前でモメるほうがいいのです。組織が変われば儲けもんだし、ダメだったとしても、自分の賛同者が一人でも増えたなら、それはそれで嬉しいことじゃないですか。

ヤクザのような難癖は自分を下げるので、極力、オレオレ式論争の泥仕合には入らないように。「もっともだ」と言われるようなモメ方をしたいものです。知力と人間性でネットワークしていかないと、新しいことは出来ませんからね。

もし『我々』という言葉が照れくさいのであれば、プロジェクト名を、呼びやすいものに変えてしまえばOK。皆が気楽に呼べるようして、それを主語にして会話する。最悪なのは、創業者名の付いてる会社名。呼びづらいものですよ、社員からはね。名称は、理念と目的を表すものにしておかなければダメですね。『HONDA』にしてしまった社名を、本田宗一郎も後悔していたそうですよ。

(次回)モメごとを減らすコツ。『バカの壁』の乗り越え方です。

2004.06.20

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ