壁の壊し方(下)

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第57回

壁の壊し方(下)


システム開発プロジェクトは、話し合いの連続。それが、上手くいっていればいいのですが、時には「ああ、この人は、なんでこんなに理解力がないのか」と絶望してしまうこともしばしば。今回は、そんな『バカの壁』の乗り越え方、話し合いの小さなモメごとを減らすコツを、ひとつ書きます。

まず、「バカはいない」と理解しましょう。人間の脳は、誰のものでも、それほど大きな違いはないそうです。『無知の知』という言葉を胸に、まずは謙虚になること。しかし中には、どうしても理解し合えない人がいますね。それはなぜか? 『環境の違いによる認識の違い』が理由だそうです。私の同僚が、面白い話しを教えてくれましたので、以下、どうぞ。

「正之助さん、フロントフックブラジャーって、どんなブラか知ってます?」「ん、そりゃあ、『前で外すブラ』のことだろう。ぷりん、ぷりんって…。」「はは、男性の典型ですね。女性は『前で着けるブラ』って答えるんです。」

助平でお恥ずかしい限りです。私、ブラジャーをやさしく外してあげたことはあっても、着けてみたことはなかった。でも、毎日のようにブラジャーを着けている女性の人にしてみれば、この回答のほうが自然なんですね。

人間、生まれも違えば育ちも違う。そんな経験や行動などの違い、持っている知識や情報の違いが、考えの差を作り出す。ならば、まずは徹底した情報共有、丁寧な説明で認識を共通化すれば、おのずと導き出される答えも似てくるはず。まずはその作業に、きちんと取り組むことからです。

「でも、人生イロイロなんだもの。そんな簡単にはいかないだろう?」

そのとおりです。ブラジャーを外される時の心のトキメキを、この私が味わうことは、おそらく今後もないでしょう。それにソフト開発など、これほど目に見えずらく、なおかつ説明しにくい作業は、他にはちょっと思い当たりません。そんなケース、異人どうしの異論がぶつかり合ったら、もうアウトなのか? 私なら、次のような『オランダ人方式』で話しを進めます。

「失敗したら悪いのは私ですから、この案で開発してみましょう!」

正直なところ、実装して使ってみなければ、ソフトの良し悪しなどは分かりません。特に操作性などに関しては、その傾向が特に強いところです。そんな高すぎる壁を、真正面から乗り越えようとは思わないほうが良い。

そこで、この方法です。オランダ人は、「今日は私がおごるから飲みにいこう」と言って誘うそうです。ダッチアカウント(割り勘)がお得意の、合理的な人達ですね。それとは正反対なのが日本人で、誰が勘定を持つのか、いつも最後にモメますね。「いやいやいや、今日のところは私が支払いを…」。

大切なのは、『失敗した時の責任の所在』です。判断を間違ったことよりも、『誰の失敗なのか』がはっきりしないことで、プロジェクト内部の信頼関係は壊れていきます。相手の決断出来ない理由が、失敗した時の恐怖のイメージに起因している場合もあります。そんな時などは、「悪いのは私だから…」と、言い切ってしまう。もちろん、失敗はしないように徹底して考えるのですが…。

大体、あのウォークマンですら、ソニーの社内では「売れない!」と言われたのです。新発想を普通の人に理解してもらうには、かなり時間がかかります。なので、説明にピンときていないようであっても、思い切ってトライしてみるのが良いのです。やってみないと分からないことを、あ〜でもない、こ〜でもないと議論するのはムダです。分からないんですから!

失敗したら「ごめんなさい」、成功したら「機会をいただくことができて感謝」。こんな感じでやっていれば、プロジェクトの雰囲気は、決して悪化しません。成功した時はモメませんから、失敗した時の『感情』をどうコントロールするかがコツと言えます。メンバーに激務を要求せざるを得ないような状況でも、言葉の使い方ひとつで、けっこう楽しいプロジェクトになったりするものです。

(予告)次回は『本編』の最終回です。

2004.07.14

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ