IT嫌いがIT推進役の条件?

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第58回

IT嫌いがIT推進役の条件?


色々と書き綴ってきた当コラムも、今回が本編の最終回。最後を飾る主題に、『人間』を選んでみました。どんな人が零細企業のIT推進者に相応しいか、考えてみます。(次回はあとがきです。)

まずは、ITを目的化しないように注意。『IT化は情報化の一部』に過ぎません。あくまで目的は『業務改善』。ハイテク感に酔いしれて、趣味に終わってしまいがちなのがITの怖いところです。ちなみに『情報化』とは『文書化』のことです。箇条書きすら出来ない人達では、残念ですが、まず無理ですね。

では、どんな人が改善のリーダーに向くのか? ウチにはITの専門家がいないし、なんて悩んでしまうかもしれません。でも、大丈夫。業務改善に必要な力は、職種などには関係しません。普段の生活の中で、誰でも身に付けることが出来ます。持論では、『職場の片付け』をさせてみるとよく分かりますね。部屋を綺麗にするのが上手い人は、改善リーダーとしての資質ありです。

『片付け』は、なかなか奥が深いもの。なぜなら、人員構成や所有物などの環境が、毎日少しづつ変わっていきます。「この片付け方を一生続ければOK!」なんてことは、家庭でも職場でも絶対ありえない。そんな環境変動にどう対応していくか…。これは、会社の経営も同じことです。

よくいるタイプが、『精神論恫喝型』のリーダー。大変なことを頑張ってやれ、と言うタイプ。一見、綺麗に片付いて、問題が解決したかのように見えます。しかし、叱られることを恐れた実際の担当者が、ただキャビネットの中にモノを隠しただけ、なんてことがありますね。で、結局、すぐに元の木阿弥。でも、笑い事じゃありません。この程度の『長』が、会社にも家庭にも多いのです!

そしてよくいるのが、『忠犬ハチ公型』の人。十年一日の如く、同じ片付け方を守り続ける『熟練』の人です。『匠の技』で素早く綺麗に片付くのかもしれないが、もうちょっと、積極的に変えていきましょうよ。熟練者だけじゃなく誰もが使える『片付け易く散らかりにくい仕組み』を作ってほしいのですね。あまり頑張らなくても維持できる仕組み、これが理想のシステムです。

ロジカルシンキングの基本に、「分ければ分かる」という一言があります。問題を細かく分けてみると、原因が分かります。これに倣い、まず何が散らかっているのか明らかにします。作業着が脱ぎ捨てられているとか、読みかけの雑誌が山になっているとか。ソレジャ、それが散らからないようにするには、一体どうすればいいのかと考える。

ここは、自分が片付けることを前提に考えます。なぜなら、他人がやることを前提にすると、面倒くさいことをやらせようとしてしまいますから。自分が面倒なことは、他人も面倒。それでは長続きしません。『仕組み』を作ることが目的で、「もっと整頓しろヨ」などと他人に説教するのが目的ではないのです。

市販のロッカーなどを購入して済ませることもあるでしょう。しかし、どうしても自分の会社に合うものがない場合、そんな時は、『自作』を検討します。独自のすき間家具などになっていきますね。自分達で出来そうな作業はやってしまえばいいし、難しいものは工務店などに頼むことになります。

ここに書いた手順は、零細企業の業務システム導入と、全く同じものです。まずは、問題点を明確にする。そして、市販のパッケージソフトを当たってみる。「帯に短し襷に長し」と感じたら、初めて『開発』を検討してみる。自分達で開発するのか、外部のベンダーに頼むのか。複数業務のパッケージを用意して、『接続部だけ自作する』という判断もアリです。すき間家具と同じことですね。

こんなふうに、日常生活の中からも『業務改善』は学べます。コツは、日常の作業を機械的なルーチンワークだけに終わらせないこと。パソコンの操作が得意な人と、整理整頓の上手い人を比べたら、私は後者をIT推進者として任命しますね。理由は、仕組み作りの上手い人である(可能性が高い)からです。

はっきり言って、ITに詳しいかどうかは2の次です。誤解を恐れずに順番を付ければ、1が知恵で、2がコミュニケーション、3、4が人徳、5にIT。さほどITに詳しくなくても、専門家から協力してもらえればいいだけですからね。繰り返しますが、ITなどは業務改善と情報化の一部に過ぎません。

しかし、入社して日の浅い新人に、「IT担当はお前だぞ!」なんて業務改善まで押し付けちゃうケースがあります。経営者の程度が知れてしまいますが、私の周りの零細企業では、こんな話しがいまだによくあるのです!

2004.09.20

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ