鈴木正之助おススメ本

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 
60分間・企業ダントツ化プロジェクト顧客感情をベースにした戦略構築法 60分間・企業ダントツ化プロジェクト顧客感情をベースにした戦略構築法

著者:神田昌典
出版社:ダイヤモンド社
本体価格:1,600円
楽天ブックスで購入する楽天ブックスで購入する
この本には、多くのチャートが付いてきます。が、チャートは戦略立案の手助けをするだけで、実際に考えるのは本人です。解答集ではありません。しかし、『戦略』という見えないものが可視化出来るようになり、『声の大きい人の意見が勝つ』などの、不毛な議論とはオサラバできます。『金もうけだけでなく、商売人には哲学を持ってほしい!』と神田さんは言っています。まさに金言。『哲学(ココロ)、戦略(アタマ)、戦術(カラダ)』の順番なのですね。僕がオススメするまでもない、大ベストセラーの1冊です。
会議革命 会議革命

著者:斎藤孝
出版社:PHP研究所
本体価格:1,200円
楽天ブックスで購入する楽天ブックスで購入する
大学教授の齋藤さんは、すばらしいSE(ソリューション・エディター)だと感じました(ソリューション・エディター・解決策を編集する人)。前半に日本の会議のアホらしさ、後半にはその解決策が書かれています。具体的には、『マッピング・コミュニケーション』という方法です。齋藤さんの著作の中で、『企業向け』と言ったらこの1冊です。しかし、画期的なこの方法も、硬直化した日本の中小企業では受け入れられないだろう、といった悲しい現実もあります。僕の『マニュアル・ファースト開発』は、この『マッピング・コミュニケーション』の影響をかなり受けています。
大河の一滴 大河の一滴

著者:五木寛之
出版社:幻冬舎
本体価格:1,429円
楽天ブックスで購入する楽天ブックスで購入する
すいません。僕、この本は読んでませんでした。『運命の足音 』と間違って推薦してしまったのです。ああ、バカバカ。何で間違えたんだ。大体、著者が同じだから悪いんですよ。装丁もなんとなく似てるし、出版社まで一緒だ。『運命の足音 』は良かった。本当に良かった。五木さんの短編で、男性性器がストーリ上の重要なアイテムに使われている小説を読んだことがあります。そのタネとなるエピソードが、『運命の足音 』の中に垣間見られます。うう、悲しすぎる話しでした。きっと『大河の一滴』も良い本のはずです。映画にもなったし、同名の焼酎もあるし。この『オススメブックス』のページから、僕も自分で買って読みます。
失敗学のすすめ 失敗学のすすめ

著者:畑村洋太郎
出版社:講談社
本体価格:1,600円
楽天ブックスで購入する楽天ブックスで購入する
失敗は成功の母です。システム開発、いや、プロジェクトと呼ばれるもの全ては失敗の連続です。予定通りいくことなど、絶対にありません。この本には、『失敗を次の仕事の成功につなげるべし!』と前向きなことが書かれています。大学教授が書いていますので、単なる精神論ではありません。何らかの設計、企画に関わる人は必読です。『失敗を隠すのは愚の骨頂』ともあります。不祥事のあった○○社は、ぜひともこの本を読むように(お好みの会社名を入れてお読み下さい)。しかし失敗だったのは、この本を図書館から借りて読んでしまったことです。今は手元にありません。この本も、自分のページから買います。
ユーモア革命 ユーモア革命

著者:阿刀田高
出版社:文藝春秋
本体価格:720円
楽天ブックスで購入する楽天ブックスで購入する
この本を読んだのをキッカケに、僕も小噺を作ってみました。飲み屋のおねえちゃん相手に披露して、1人悦に入っています。「そのミニスカート、カワイイね。似合ってる。」「まあ、どうもアリガト。」「知ってる? どんなに短いスカート穿いても、パンツを覗かれない方法。」「え、知らない。教えて。」「簡単だよ。パンツを穿かないこと。」ハッハッハ、どうもスケベでスイマセン。阿刀田さんの書く短編小説は、切れ味鋭くサイコーです。この本は、阿刀田さんの頭の中を公開した本です。
図解でわかるソフトウェア開発のすべて構造化手法からオブジェクト指向まで 図解でわかるソフトウェア開発のすべて構造化手法からオブジェクト指向まで

著者:経営情報研究会
出版社:日本実業出版社
本体価格:2,500円
楽天ブックスで購入する楽天ブックスで購入する
書店に行くと、開発テクニックの本が沢山並んでいます。『これでカンペキ!ACCESS悶絶48手』だとか『VISUAL BASIC パワフル69』だとか。確かにテクニックは必要ですが、これだけで十分とは言えません。そこで、ソフト開発の入門書に何が良いかと考えて、選んでみました。面白コラムもあって、開発者でなくても楽しめます。これで物足りない方は、『図解でわかるソフトウエア開発の実践』をどうぞ。
鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ