ITことわざ・システム屋システム持たず

暴言妄言満載の、小さな会社の為の逆説的ギャグ説的IT活用コラム。マニュアル・ファースト開発とは?会社の情報活用力とは?零細建設業の社内SEにして世界唯一無二のITボーゲニストが、今日も考えます。

IT暴言
鈴木正之助

IT暴言

はっぱ 発行部数を見る

はっぱ

鈴木正之助自己紹介
はっぱ 鈴木正之助おススメ本
はっぱ 鈴木正之助にメールする

コラム

59

顧客が本当に必要だったもの〜少し長めのあとがき

58 IT嫌いがIT推進役の条件?
57 壁の壊し方(下)
56 壁の壊し方(中)
55 壁の壊し方(上)
54 ABどっち?
53 見せれば花
52 組織の方程式『P=SΣ』
51 組織と集団
50 いい按配の丼勘定
49 サルでも分かるTOC
48 情報の使い方
47 EとAのあいだ
46 ELSEの男
45 解決方法あれこれ
44 技材よりも人材
43 デザイン・トラウマティック
42 過剰な人たち
41 ニューヨーカーに風鈴を!
40 『自由からの逃走』
39 コーモリとケータイ
38 間接部門と呼ばれる理由
37 フライは誰が捕る?
36 コンピュータは人である!
35 スパゲッティに至る旅路
34 プログラマとオペレータ
33 静かな会議
32 CODE・IS・TATTOO
31 立って座って酒飲んで
30 BEHIND・THE・MASK
29 HOWの賞味期限
28 『頑張らない』
27 考えてる人、頭のいい人。
26 正確という烈しい病
25 振り返る、の巻。
24 MF開発質疑応答
23 内部の話し
22 森を見て木も見る
21 ソウ言エバ式進化論
20 アジャイル・マニュアル
19 <緊急暴言>やってくれるぜNEC!
18 後ろから?前から?
17 ミタイナの翼
16 感動したらゴミ箱へ
15 ナゼ×5=?
14 問題なんて……。
13 とりあえずバイアグラ
12 砂時計にサヨウナラ
11 『 2:8 = 8:2 』(開発コストを1/5にする方法?)
10 手書きのチカラ
09 脱税の出来るシステムとは?
08 ソリューションはイリュージョン(解決策など幻想)
07 帳票はセルフサービスで
06 パンツ、ズボン、コート
05 いつまでたってもプロトタイプ
04 野球のルールは難しい
03 機械なんて至らないもの
02 ブラジャー選びに要求定義を学ぶ
01 建売住宅にカラオケルームは付くか?
00

Tことわざ・システム屋システム持たず

 
 

IT暴言

第00回

ITことわざ・システム屋システム持たず


(意味)情報システムの受託開発会社でありながら、自社用のシステムが未整備である様子を指す。
    自分の専門分野には、切迫する事情がない限り無頓着であること。
    『髪結い髪結わず』『紺屋の白袴』『蓑売りが古蓑』『医者の不養生』などが同類。

 以前、私の勤務していた会社は、社員数が約300人のITベンダーでした。請負の業務システム開発が主体でしたが、人材派遣業も行っていました。ある時、その派遣契約効率化の為、専用の管理システムを構築する話しが持ち上がったことがあります。

 派遣契約を結ぶ際には、スキルシート(業務経歴書)を提示しますが、その管理にデータベースを使おうというものです。

 SEが一つのプロジェクトを終える度に、自分の経歴に1行追加入力する。入力項目としては、プロジェクト名、開始日、終了日、担当分野、使用したプログラミング言語、等々。これらを一元管理すれば、営業担当者が新規案件に最適な人材を素早く探せるようになり、スキルシートの出力も簡単になります。

 一見、素晴らしい仕組みのように思えます。簡単に作れそうな気もします。ですが、このシステムの構築は行いませんでした。理由は費用対効果。労多くて益少なしと判断したのです。

 まず、検索の点について言えば、そんなことしなくても頭の中に入っているのが実情でした。300人全員についてはムリでも、自分が担当する人間については、その得意な分野を覚えていました。それに空き人間へ仕事をアサインすることが優先ですから、むしろこちらを覚えているほうが重要です。

 そしてスキルシートについて。これはあまり大きな声では言えないのですが、小さな改ざんは日常茶飯事でした。派遣先に合わせて、経験年数等を水増ししたりするのです。

 大きなウソはスキル不足が露呈してしまいますが、2年10ヶ月の経験を3年にするぐらいではバレません。いけないことですが、これが実情でした。要するに、営業担当者の判断によって、1人の人間のスキルシートが、営業先に合わせて何通りにも書き換えられていた、ということです。
 
 一番憂慮したのは、スキルシートに融通が効かなくなる点でした。各人のスキルシートに版番号を付けてバージョン違いまでを管理すればよいのですが、そこまでの機能を作りこむ手間などを総合的に考えた結果、断念したのです。まあ、正解だったと思います。(当時は。今は違った判断になる可能性もある。) 


 結局、スキルシートは元と変わらずワープロのまま。各社の事情はさまざまなので、こうすべしと一概に言えないのがシステム化の難しいところですが、ポイントは『非定型的な仕事にコンピュータは不向き』ということ。システム屋は余計な開発を一切しません。十分過ぎるほど、面倒な体験をさせられていますから。

2002.10.11

鈴木正之助

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2002.10.20
更新:2013.06.06
IT暴言
デジタルたまごやトップ